★エース進学は県立高校受験のプロフェッショナルです。
yjimage122222

★挨拶ができる、敬語で伝えたいことが話せる・書けるお子様に育てます         

★国語120分(中3)授業、国語指導に力を入れています
120分も国語の授業を行う塾は、ありません。
読解・作文をまじめにすれば、45分や60分で済みますか?漢字テストでお茶を濁していませんか。
国語の成績は上がらない・・・と信じ込んでいませか?
上げることは必ずできます。

 
 「合格するための道筋を示すこと(コンサルティング)」が仕事と考えます。「目標を定めて、正しい方法で勉強する」➡「成績が上がる」のです。塾長のたかぎが、30余年に渡って「たかぎ塾」「開成教育セミナー」「京大学志塾」等で得た最も良い「指導方法」を展開します。


★小学生クラス(「ぐんぐん」・スバル・銀河・シリウスコース)

「グループ型の個別指導」です。1つのグループに「小2」もいれば「小6」もいるpixta_14642648_Mというグループです。「えっ?」と思われるでしょう。でも、学年を混ぜてしまった方が、「小2生」は「小6のお兄さん」に気を使い、「小6生」は「小2生」に気を使い、お互いが譲り合いながら、「とても静か」に学習を進めてゆけます。また、同学年の生徒の「進度」や「出来不出来」を気にしなくて済みます。
※もちろん、お友達と同じグループにすることも可能です。
1授業60分は長くはありません。学校の座学中心とは違い、自分で辞書を取りに行き、「辞書を引いたり」「辞典で調べたり」「参考書を見たり」します。ずっと「座ったまま、授業を聞く」のとは全く違います。だから、子供たちはイキイキやっています。笑いもあります。グループ指導といえども「個別指導」ですから教えるときは、1:1で生徒の横について教えます。
けれども、
なかなか、教えてあげません。不親切にあえてしています。

 
 なぜでしょうか?
お子様ご自身が
考える時間を取るため
です
完全な「1:1や1:2の個別指導」の悪いところは、聞かれたら「すぐに教えてしまうところ」なのです。
考えさせて「これ以上放っておくと投げ出してしまうぞ」というタイミング「どう?」と声をかけます。
 yjimageJHTVOBQZ文章問題は、問題文がきちんと読めていないので、「何を求めたらいいのか?掛け算か割り算か?」
それがわからないまま、適当に進めているお子様が結構多いのです。
 きちんと読むことを、指導します。



yjimageHU12DLHW

 自学自習できる力を育成する・・・・・・これが、「小学生の通塾意義である」と考えています。
算数は「教科書レベルの基本」から導入。「やさしい中学入試」レベルまで授業展開します。抽象的概念の必要な単元では、徹底的に理解を深め、思考力を養います。
★国語では、説明文・論説文を中心に、ことわざ・慣用句・重要語句・熟語・文法などを学ぶ。読解力を磨く。古文の暗唱は、人気。




★中学生Hクラス/Sクラス
県立トップ・上位高校受験を基本に、私立高校受験にも対応します。    
     
1クラス14名程度、「考えさせる学習形態」をお勧めします。クラス授業でインプットする、「毎授業ごとのテスト」と「土曜演習(チューター付き自由学習空間)」アウトプットする・・・この双方向が生徒を伸ばします。

1:1で教えてもらう?・・・・完全な受け身な指導形態では、見かけは親切でも、生徒はまったく「頭脳」をDSC00141使っていません。先生の指示に従い、誘導されて動きます。
頭脳を使わないで、どうして成績が良くなりますか?私たちは安易に答えを教えません。考えさせます。
<中3>・・・・Hクラスは膳所を初めとし、県立トップ校・上位校にそれぞれ合格させる内容とカリキュラムです。理解度に合わせて早めに中3内容を終了し、入試問題演習等で夏以降の実力テスト成績をアップさせます。
また、調査書(内申)成績のための
、中間・期末対策は 定期テスト前2週間はカリキュラムを進めるのを止めて「対策授業」をします。土曜・日曜も使い、対策授業・演習をします。自習室を開放し、(または呼び出し)勉強量の確保を図ります。
★国語の授業は「2時間」です。…実用国語(情報読解)の重視
他の塾にはない授業時間の長さです。なぜ、「国語」を重視するか?それは「全教科が『国語』をDSC00057使って勉強するからです
。「国語」ができないお子様は、成績の伸びが途中で止まります。(ベストセラーになった「学年ビリのギャルが1年で偏差値40上げて慶応大学に現役合格した話」を読んでください。)全ての教科の基本は「国語」です。実際、特色入試模試で「小論文30点」中、0~5点がその模試の受験者(滋賀県中)で30%はいます。「正しく読める」「達意の文が書けることは、入試はもちろんのこと、人生にとってかけがえのない財産です。
もはや、物語が読めるとか、小説が読めるではなく世の中は「実用国語(情報読解能力)」・・地理歴史公民も含む・・を求めています。
<中2>・・・・
週2回の通塾で5教科を学習できます。部活・クラブチームとの両立が可能です。
教科書以上のレベルで授業を進め、学年上位の実力を養います。まず学校内容の完全理解を目指し、通知表成績のアップと学習習慣の養成を行い、上位に食い込める学力・気力を身につけます。
定期テスト対策については、中3と同じです。
<中1>・・・・週2回の通塾で5教科を学習できます。部活・クラブチームとの両立が可能です。
教科書以上の学習内容で、1年後、2年後の成績のために見えない部分での学力を太らせます。また、学習の習慣を徹底的に身につけさせます。
定期テスト対策については、中3と同じです。
★中1から「塾」はいらない・・・そういう考えもあると思いますが、私たちが中1生に指導するのは「勉強の仕方・習慣」です。これができてこそ、「部活と勉学の両立」がやれるのです。1年の1学期は出来て当然!
問題は2学期以降です。
DSC00140
 
 伸びる科目は徹底して伸ばす・・・・そういうために5科目受講が週2日で、できるようにしています。
質問できない・・・・授業で「わかりましたね!」なんて言われ、「わかりません」って、言えないものです。エースは、授業中お子様の手元をのぞき込みます。
★「土曜演習」・・7:20~9:20 
 ちょっと合図すると、
「どうしたの?」って、やさしい女の先生が、どの教科も、どの学年の部分でも、教えてくれます。(1:1の個別指導になっても無料です)
お得!
欠席の補講もここで行います。・・・・中1~中3は基本的には「出席」願います。




クラス一覧(※3教科・4教科などを選択し受講もできます。

学年クラス教科曜日・時間帯
小2~6 国語専科「ちはやふる」 国語・作文・読解月~金
1) 4:40~5:40
2) 5:45~6:45
小2~6★スバル:はじめての英語
(英語が初めてでも大丈夫!
楽しく学ぼうクラス)
英語 月~金
1) 4:40~5:40
2) 5:45~6:45
小4~6★銀河:中学英語を学ぶクラス
(文法中心)
英語月~金
1) 4:40~5:40
2) 5:45~6:45
小5~6 ★シリウス:中学数学を先取りして
学ぶクラス
(受講基準あります)
国語月~金
1) 4:40~5:40
2) 5:45~6:45
小2~3 エース式「ぐんぐん」 コース
(グループ個別指導)
国語・ 算数
理科・ 社会
月~金
1) 4:30~5:15
2) 5:20~6:05(45分)
小4~6 月~金
1) 4:40~5:40
2) 5:45~6:45(60分)
中1H(進学ハイ)クラス5教科
英・数・国・理・社
週2日
PM7:20~9:40
2教科
英語・数学
週2日
PM7:20~9:00
中2H(進学ハイ)クラス5教科
英・数・国・理・社
週2日
PM7:20~9:40
2教科
英語・数学
週2日
PM7:20~9:00
中3H(進学ハイ)クラス5教科
英・数・国・理・社
週4日
 PM7:20~9:20
(7:00~10:00)
2教科
英語・数学
 週2日
PM7:20~9:20
高1~2グループ個別数学・理科90分・120分コース

※中1~2は3教科に、中3は3教科・4教科受講にすることができます。
※高校生は、グループ個別指導で対応しています。これは高校により教科書が異なり、進度も異なるからです。

  

   

HPへのリンクです  http://www.ace-shiga.com/


H30.12・07