国語専科「ちはやふる」・・・国語・作文・読解 yjimageBPBK96AN

                全ての科目の根本につながる国語力を身につけてみませんか?
 
★なぜ今、国語が必要なのか?・・・・私は「実用国語力」・・造語ですが・・が必要 
                       と強く考えています。

 
■センター試験・小論文及び高校受験の変化


🔲順天堂大学医学部入学試験    小論文課題      2016年1月27日 順天堂小論文過去問題
 
Vivian Maier が撮った 1950 年代のアメリカの写真です。彼の前にはどのような世界が広がっていると思いますか。800 字以内で述べなさい。(検索していただければ、何年度分も出ます)

従来の小論文とは全く異なったものです。けっして日本でいう「エッセー」を書くなどと言うことではありません。
もしそうなら、いくら丹精込めて800字書いても「0点」なのです。
 これが、順天堂医学部の問題であり、なぜ自分たちにこのような「問いかけ」をしているのか?・・・・まずはそこから思考できる必要があります。

🔲滋賀県公立高校入試改革
 社会・理科の記述量が大幅UP。「具体的に書きなさい」、「80字以上100字以内で書きなさい」、など字数制限yjimageHJSLP2W9があり具体的に説明させる問題が多数出題されるように変化しています。

🔲大学入試改革
 新中学1年生の方が大学入試を迎えるころシステムは大きく変わります。ひとつはセンター試験撤廃で、高校1年生から実施される到達度テストが代用されます。また 本試験においても科目間の壁がなくなり、「理科を国語的に説明する」などの新しい試みもあるようです。
さらに小論文や資格、討論能力などが重視されるようになります。
この制度は、英語の扱いを含めて混迷を度を深めていますが、明言できることは「読む・書く・表現する」ということからは戻れない。必ず必要とされるということです。


数学・英語ともに文章問題になると「国語力」が必要不可欠

長文や文章題がわかっているのに読みとれず点数をおとしている生徒が多数います。
 国語を理解しないと外国語の文法も理解することは難しいのです。

社会に出てからも役に立つ

yjimageJHTVOBQZ行間を理解したり相手の気持ちを汲み取る力をつける
頭の中で考えていることを相手に理解してもらうには自分の考えを整理して伝えることが大切です。



本講座は現在では「小学生」を対象としています
月曜日から金曜日の「小学生ぐんぐんコース」の時間帯におこなっています。
個別に進めますので、何月からでも始めることができます。pixta_14642648_M


大きくは「3つの部分」に分かれます。
①語彙を増やす・・・・日常生活に必要なのは600語程度です。「あれ」「それ」で十分
              済みます。小学6年で、学年最下位の成績の生徒は
              「およそ600語」しか語彙がありませんでした。
              半面、学年トップの生徒は「およそ1万語」の語彙をもっていました。これでは、ともに話し
              ても、ひどいことを言いますが「宇宙人と話す」ように通じません。
              必要な語彙がないと、「言いたいこと」「思いのたけ」を伝える適当な言葉が見つからない
              のです。
②正しく読ませる、書かせる
              「助詞」を飛ばし読みするのは中学生でもよく見られます。「数学ができない」・・・実は
              問題文が正しく読めていないことがままあります。
              また、わたくしが「実用国語」と申しますのは「グラフ」「表」の読み取り・・・比較、数学の与
              えられている「条件」を全部読みだすことも含むからです。
              地理・歴史・公民や理科の知識も「実用国語」には不可欠です。
              だから、中学生でも「むらさきつゆくさ」「おおばこ」とDSC00193言葉で読ん
              でも実際は知らず、理解できていないことがほとんどです。
              「針葉樹」なとという「樹木」は実際には生えていません。
              「実用国語」の重要性は物事を「抽象的にとらえてわかったつも     
              り」を減らしたいという思いからも強く感じます。
③書かせる・・・・・・・・まずは、「書くこと」への抵抗感を減らします。「ええ?こんなこと
              でいいの?」と生徒は言いますが、まずは「息をするように、
              自然に書けること」が重要です。