yjimage999999












商品でも「合う・合わない」があります。
あの生地は、なんだか肌に合わないわ!とか。
しっくりこないのよね?とか。

塾は見えない「モノ」をあなたに提供しています。
だから、よけいに「合うか?合わないか?」が分かりにくいし、かつ、重要です。

人間は、見えないものを判断するのが意外と苦手です。
ですから「見えるもの」(器とか)に左右されますし、
ひとの「うわさばなし」(どこまで本当かな)に左右されます。

問題の本質は、「あなたのお子様に合うかどうか?」であり、
成績が上がり、人間性が高まるかどうかです。

エースは「成績が上がる」「志望校に合格する」とともに「人間性が高まるかどうか?」に重きをおいています。
だって、「成績が上がったけど『嫌な奴』になる」としたら・・・・・・ぞっとしませんか?

成績だけよかったら・・・・なんて本当は無いんです。
いびつなんです。
不自然は、いずれ壊れます。

合う合わない・・・・は、お肌で実感してみてください。