yjimageI65JUZWI











ポッキーの日、もどきのような日付ですね。古くは「鏡開き」「蔵開き」です。

TVのCMで2020年から教育が変わる!なんて「カマキリ先生」が言っています。
確かにそうです。

でも、文科省の文章を読んでもよくわからない・・・私には読解力がないのか!と悲しくなりますが、お役所の文章はやっぱり味気ない。
どう変わるのか?
わからん?
生徒さんたちをどう指導していけばいいのか?
・・・・・・・!
結局、こうなのね!ってまとめてみました。
 今度、親御様方を集めて「手短に」「わかりやすく」お話ししたいと思います。
私は、塾人ですが、「学校教育はよくやっておられる」と高く評価しています。むろん、批判点もありますが、概してよくやっておられる(上から目線でごめんなさい)と思うんです。
 しかし、もう何でもかんでも「学校任せ(または、塾任せ)」の時代は終わり、「教育の中心は家庭だ」という時代が戻って来るんだ、家庭教育の主体者は親御様なんだと思うのです。
 だから、親御様が「子女教育のビジョン」をお持ちか、お持ちでないかが、お子様の将来を左右するようになると思うんです。(もともと、そうだったんですがこの60年ほど、イレギュラーな時代が続きました)
 親御様が賢く、うまく「学校」や「塾」を使われる時代がくるんだろうなあと思います。
エース進学ゼミの塾生の親御様、保護者対象の説明会を開きますので、ご期待ください。


県立高校受験のプロフェッショナル 瀬田No.1親身な総合進学塾 エース進学ゼミのHPです。