「エース進学ゼミ」本校 県立高受験のプロフェッショナルNO.1学校の点数が上がる総合進学塾

大津市瀬田でNO.1学校の点数が上がる総合進学塾。ここには「一斉クラス指導」+「個別指導」の長所を合わせたハイブリッドな指導があります。成績上位の下・中位のお子様の成績が最も伸びます。クラス塾にしようか?個別塾にしようか?迷ったらご相談ください。ホームページもあります。こちらもご覧ください。 http://www.ace-shiga.com/

「エース進学ゼミ」本校 県立高受験のプロフェッショナルNO.1学校の点数が上がる総合進学塾 イメージ画像
大津市瀬田で一番学校の点数が上がる総合進学塾
県立高校受験のプロフェッショナル…クラス指導+個別指導の長所を合わせた指導が受けられます。お気軽にお問い合わせください。公式ホームページはこちらです。

更新情報

00010957000101



















自分の言葉は、「適切」なのだろうか?
小学4年生に
中学2年生に
対して適当なものなのだろうか?
こんなことを考えます。
同じ学年のお子様でも、各人「聞く力」には、極めて大きな差があり、同じことを述べても
正反対の意味に受け取られることもあります。

最近、日常的な言葉・・・・滋賀弁というのでしょうか?で話している自分に
気付きました。
親しみやすいのではありますが、
けじめという点では、いかがなものか。

生徒と先生は、永遠に友達関係になることはありません。
だからこそ、言葉の「分別」は大切であると思うのです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。お知り合いにこんなブログがあるよ!って広めてくださると幸いです。
県立高校受験のプロフェッショナル 大津市瀬田の塾でNo.1学校の点数が上がる総合進学塾 エース進学ゼミのHPです。
IMG_1995







エースでは、国語の力の向上に力を入れています。
「それで、成績は上がりますか?」
あがります。

国語の朗読をさせて、たどたどしい子がいました。
文節できちんと切れない
おいおい、そんなところで、息を継ぐかい?
聞いたこともない「熟語の読み」・・・・本人も意味が分からないでしょう・・・・

そんな子が、「どんどん読む力をつけてきた」んですね。
うそや~!
ほんまです。
他の教科の成績も上がり始めました。

国語ができないとは、「先生の言うことが分からない」という
コミュニケーション能力が低いということ。
そんなことがあるのか?
あるんですね。

だから、エースでは国語をドドンと力を入れてやります。
1ce58c7d










たのしいこと
あかるいこと
わくわくすること
なんだか期待感が持てること
・・・・・・・
これって塾にとって大切なことですね。
目の前の見えるものでそれを感じることもあれば、
見えないけれど感じることもあります。

塾長が塾の性格を決める
むろん、戦略とか戦術とかあるんでしょうけれど

「熱い塾」であること
「明るい塾」であること
「公平な塾」であること・・・・・など、提供させていただくものが「形あるもの」でないだけに
特に問われるんだと思います。
m2DBol4a





















自分が、つたないことを知り、悔し涙に濡れる・・・・・ここで終わったら、安物ドラマです。
次こそはと、奮起してチャレンジしてくる少年少女の思い…これ、たくましいです。
これに「変な手心を加えたら安物三文芝居」ですから、ド~ンと胸を貸します。
内心はおまけしてあげようか?なんて思っても、もしそうしたら、少年少女の純な心に泥を塗ります。

かつて、迎えに来られた車の中でお子様が泣きだされたとき、「なんで、勉強で泣くんですか?」と言った、理解できんぞと言った、お父さまがいらっしゃいました。
コワイ言葉もいわず、強制も何もしていません。できないと帰れない・・・・全くありません。
それでも、できなかったことが悔しくて涙がこぼれたんです
お父さまは、それが理解できなかったようです。

お父さまは、とても優秀・特別な方なのかわかりませんが、
自分の限界かなと思う時、人間、泣くこともあります。
それがスポーツなら美しくて
勉強なら、変なんでしょうか?

私は変ではない。とおもいます。
お子様はそこで、確実に「成長されている」
・・・・・・カニやエビが脱皮をするように一皮抜けて大きくなっているのですから。

本当に重要な瞬間ですから。
yjimagemmmm1










実は「勉強以外の話をされるのはいやだ」という意見があったんです。
漫談とかホラ話なら、全くの余談ですから、論外ですが、
どうもそのようではないようです。

塾に来たら、ぽんぽんとすぐに「勉強自体を教えてほしい」と思われると思います。

この場合の勉強自体とは「因数分解」であったり「解の公式」であったりするのですが、
そこまでの状態(勉強を受け入れる状態)に、お子様の状態が到達していないこともあります。

持ち物
ノートの使い方
椅子の座り方等

今、「整理整頓」という小学生向けのことが「本」になっていますし、
またよく売れています。
そうか・・・・こういうことが分からない・・・・・だから、効率が悪いし、叱られる。
叱られる本人は、なぜだかわからない・・・・・。
まずは、「勉強の前提」をつくることが必要だと感じています。

身を運んで来たら、親鳥が「喉の黄色い雛」に餌を与えるように口に「知識を入れる」・・・・
もしそんなイメージを、エースにお持ちでしたらこれは間違いです。

そんなことをしても「消化不良」を起こして、「おなかが痛い」になります。

本格的に勉強するために「ウオームアップ」し、基礎体力を高めておかねばなりません。
それが「勉強以外の話」です。
その必要性を理解させる話です
それをそっぽ向いているようでは、
本当にわかっていないのです。

野球が本当にしたいから「ウオームアップ」をするのではないのでしょうか?
「クールダウン」するのではないですか?
それらなしで、いきなり野球をすることが、危険であり、体を壊すか・・・・・・。
それでも「野球以外の話」‥‥必要ないことと言えますか?

せっかく、スポーツでそれらを学んでも、「勉強」に生かせていない人もいます。
おしいことです。
yjimage44











夏休みも終わり!・・・・・と思ったのは私だけで、
生徒は、2時から自習に来ました。


えらいな!とこういう時心底から思います。

私ならば実力テストも終わったのでやれやれ・・・・・・

なんて思って、休んじゃうもんですが。

そうじゃないんですね。

ありがたいです。
国語専科「ちはやふる」作文力・読解力の向上 yjimageBPBK96AN

全ての科目の根本につながる国語力を身につけてみませんか?
 
★なぜ今、国語が必要なのか?・・・・「実用国語力」が社会では必要とされているからです。
 
■センター試験・小論文及び高校受験の変化をご覧ください。

🔲順天堂大学医学部入学試験    小論文課題      2016年1月27日 順天堂小論文過去問題
 
Vivian Maier が撮った 1950 年代のアメリカの写真です。彼の前にはどのような世界が広がっていると思いますか。800 字以内で述べなさい。(検索していただければ、何年度分も出ます)

従来の小論文とは全く異なったものです。けっして日本でいう「エッセー」を書くなどと言うことではありません。
もしそうなら、いくら丹精込めて800字書いても、採点では「0点」なのです。
 これが、順天堂医学部の問題であり、なぜ自分たちにこのような「問いかけ」をしているのか?・・・・まずはそこから「思考できる」必要があります。
ただ文章がうまい・・・・これだけでは「実用国語力がある」とは言えません。

他の観点からも見てみましょう・・・・・・・・・・・・。

🔲滋賀県立高校の入試改革
 社会・理科の記述量が大幅UPされています。
「具体的に書きなさい」、「80字以上100字以内で書きなさい」、など字数制限yjimageHJSLP2W9があり、具体的に説明させる問題が多数出題されるように変化しています。
今後はどんどん各教科とも記述が中心となります。
一問一答式の勉強は、必要ですが、これだけでは「得点力はありません」。
いかに出題者の求めに応じて記述するか?・・・・これからの大きな課題です。

🔲大学入試改革
 新中学2年生の方が大学入試を迎えるころシステムは大きく変わります。
ひとつはセンター試験撤廃で、高校1年生から実施される到達度テストが代用されます。また 本試験においても科目間の壁がなくなり、「理科を国語的に説明する」などの新しい試みもあるようです。
さらに小論文や資格、討論能力などが重視されるようになります。
この制度は、英語の扱いを含めて混迷を度を深めていますが、明言できることは「読む・書く・表現する」を強化する方向からは戻れない。
必ず必要とされるということです。

数学・英語ともに文章問題になると「国語力」が必要不可欠です!  
高学年・中学生になって明らかな違いが出ます。

長文(4~5ページにわたる文章)や算数・数学の文章題が、正しく読みとれず、何をするべきか?何を求めたらいいのか?それが分からないまま適当に解いて、点数をおとしている生徒が多数います。yjimageJHTVOBQZ
 国語を深く理解しないと今後は、外国語(英語)の文法も理解することが、実は難しいのです。

社会に出てからも役に立つ

行間を理解したり、相手の気持ちを汲み取る力をつける
頭の中で考えていることを相手に理解してもらうには、自分の考えを整理して、適切な言葉で伝えることが大切です。
「ちはやふる」では、個別指導的に進めますので、国語が苦手な方でも始めることができます。pixta_14642648_M


今までお読みいただいて「難しい・専門的な複雑な指導なんだろう・・・・・」と思われたかもしれません。
「ちがいます。」
たのしく、興味を引き出しつつ、宿題もほとんど出さず、高めていきます。
「国語は、面白いね!!」・・・・まず、こういわせないとだめですね。


わたしたちの指導は「3つの部分」に分かれます。
①語彙を増やす
②正しく読ませる
③書かせる


皆様が思われるように、いきなり原稿用紙を渡して『書きなさい』などは一切ありません。
まずは、「読むことが楽しい」「書くことが楽しい」から始めます。

この講座は、「小学生対象」の講座です。
宿題は、時間内に書きあがらなかった「作文の続き」を書く程度です。
他にはありませんので、他の習い事とのご負担は全くありません。

ほとんど負担になることなく「週1回60分」で、お子様の成績は向上します。
始めて見ませんか?


現在は、小4~6年対象に開講しておりますが、近日中に中1~2対象の講座も開校する予定です。
お気軽にお問い合わせください。
詳しくご説明いたします。


<お問い合わせ>


yjimage40芸能界の話題でもない
ファションのことでもない
2020でもない

授業中に教員が話す「勉強以外のこと」って
何でしょうか?

それは「勉強の本質」についてでありましょう。
しかしながら、それを「勉強以外のこと」・・・余のことと受け取っている生徒には
まったく響いていない
ということです。
わたしたちは、「知識伝達装置」でも「再生装置」でもなく、
魂を込めて伝えようとしています。
生きる上で「なぜ学ぶことが大切なのか」

今のこどもたちには重いのでしょうか?
アホらしいことなんでしょうか?
その核を放置して、いくら100点を連発しても
「仏作って魂入れず」であり、それこそ無駄ではないかと私は思います。
生きるために学ぶのであり、その生きるを「よりよく生きる」にするが為、
懸命になります。
yjimage22











今日と明日は、中学校で実力テストが行われます。
すると、やきもきされる「親御様」がおられます。
点数が20点上がった!10点下がった。〇〇〇点しか取れなかった・・・・・・


う~ん。

テストって、毎回難しさが変わります。前の回の350点と、今回の350点が同じ難しさか?
同じとは言えないのですね。
テストを同じ難しさで作るのは結構難しいのですよ。

だから、単純に「点数の比較」では、よかったのか、悪くなっているのか
わからないので、
エースでは「偏差値」を使います。

でも、学校の実力テストでは「偏差値」は、表示されませんから、皆さん点数を基準とされます。

夏休み、がんばったはずなのに・・・・・・・泣き
①期間が短すぎで、まだ実力には転化していない
②当然、テストが難しくなっているので、自分が伸びていても点数が上がらない

チャンと考察しないと、いやになってしまいます。
結果は、傾向で見ましょう。
特に「偏差値の傾向」でね。
yjimage11









学校外の学習を始めてみませんか?
受検学習と申しているのではありません。
エース(小学部)は、特別に受験には特化していません。
学校の勉強は悠々と
応用で「ああじゃないか、こうじゃないか」を楽しめる・・・・・知的な小学生を育てることを
目的にしています。
むろん
そのお子様は
中学では
学年のトップ、上位に位置して
県立高校入試では好成績を残されることは
間違いありません。

一度、教室を見に来てください。






image08071













かって、私は「本の大嫌いな子」でした。保育園・幼稚園・小学1~2年生まで、家には「キンダーワーク」のようなもの、学研の「学習」と「科学」・・・・・「つんどく」でした。

「科学」の付録だけは、楽しいので使っていましたが・・・・・・・。


ある時、おこられて嫌々本を眺めていました。

「う」という文字をぼ~っと眺めていたら、どんどん大きく見えてくるんです。5センチ角、10センチ角、20センチ角・・・・・

「うわああああああ~」

大声で叫びました。
後年、幼児教育の勉強をした時、「右脳の働き」のところでそういうことがあることを知りました。
それ以降のように思います。
本を読むのが「苦痛でなくなっていった」のは。
文節で切れる
一文で切れる
数行同時に読める・・・・・・

不思議なものです。
今でも「ドッツカード」は得意です。
images220











読書がおもしろい・・・・・それは、読んだ活字が、映像や音になって頭のスクリーンに360度展開するからですね。
「う」は、「う」という字ではなく生き物のように生き生きと動き始めます。


おとなは、すぐ「本を読め」なんて、子どもに言います。
おとなは果たして月に何冊読んでいるんでしょうか?
0・・・・・う~ん、子どもに説教できませんね。

こどもと違って「忙しい」から・・・・ホンマですか?
「忙しい」のは本当ですが、「本を読めないほど忙しい」って、産業革命以前の世界みたいです。
お風呂の中でも、トイレの中でも、3分でも、読めますよね。

「本を読みなさい」というよりも「本を読んでいるところを見せる」方が100倍効果的とは思われませんか?

本も楽しいですけれど、「国語自体」楽しいものです。
「言葉遊び」
「漢字で遊ぶ」
子どもたちは本当に熱中します。
・・・・・・・・・・・・じつは勉強しているんですけれど、
勉強しているとは思っていないのです、遊びです。

国語好き!というお子さんは「頭が良い」と言っていいと思います。
エースでは国語専科「ちはやふる」というのを開講しています。

↑このページのトップヘ