「エース進学」ブログ…県立高受験のプロ

瀬田でNO.1学校の点数が上がる総合進学塾のブログです。「一斉クラス指導」+「個別指導」の長所を合わせたハイブリッドな指導があります。成績中位のお子様の成績が最も伸びます。ホームページもあります。こちらもご覧ください。 http://www.ace-shiga.com/

「エース進学」ブログ…県立高受験のプロ イメージ画像
大津市瀬田で一番学校の点数が上がる総合進学塾
県立高校受験のプロフェッショナル…クラス指導+個別指導の長所を合わせた指導が受けられます。お気軽にお問い合わせください。公式ホームページはこちらです。

更新情報

images49これだけ「コロナショック」が蔓延しますと、

芥川龍之介ではありませんが、

「茫漠たる不安」にかられます。


なんだか、分からないけれど走り出したくなるような焦燥感・・・・・・

けれど、これを「試練だ」と言った方がいます。

確かにその通り。

「試練」ですね。

物事の本質が試される、人間性が暴露される、企業の本質が現れる
・・・・そういう時なんだろうと思うのです。


お子様が家にいて「い~」ってなっちゃうお母さまもあると思います。

外に出れないから「ストレスたまるよ」というお子様もあると思います。

「試練」・・・・・この2文字が今の時世を表しているように思います。
imagesN4KLCHXHエース進学ゼミは、日曜はお休みを頂いております。

御用の方は、平日、または土曜日の午後2:00~9:30にお電話・お越しください。
image14













保護者様の願いは、お子様が継続的に学習する事。

学習の習慣を、このコロナの時期も維持できること。

ではないかと私たちは思うのです。

元々エースは、最小の時間で授業を行う・・・・という理念で今まできましたので

3密に状態になることは、避けることができます。


300x300s_FFFFFFFFわたしが一番心配するのは、

あなた様のお子様がこの「休校期間が終わった」時に、

すなわち再登校するときに

学校生活に馴染めるか

1日6時限授業に対応できる「心身」であるかということなんです。

たくさんのお母さまから、お子様の自宅での過ごし方について

ご相談を頂いています。

朝起きる時間のこと

午前中の過ごし方

自宅学習のこと・・・・・・・いろいろですね。

私はコロナの封じ込めが成功することを祈っていますが、
成功した後、お子様が、通常の生活に戻れるか、これが心配なんです。
例年、GWのあと、夏休みの後でさえも、ボ~っとしてしまう、朝起きれないようになったなど・・
生活のリズムの変化がお子様の心身に及ぼす影響を聞きます。
(実際、自分が学生の時でも、休み明けは辛かった・・・・と憶えていますから)

起床時間の管理
午前中だけでも、規則正しい学習習慣の維持

これは守りたいですね。
1勉強しましょうよ。

この長い「学校休校期間」だから。

この期間の学校側の対応は、さまざまです。
課題がいっぱい出たよ!という中学もあれば、
何もないよ!という中学もあります。(高校も)

いままで、1日6時限×5日・・・・1週間に勉強していたのです。
果たして今はそれに代わる学習量がお子様はキープできているでしょうか?

この期間の使い方は、おおきな学力差になっていずれ現われると思います。
ゲームとユーチューブで時間を潰す・・・・親御様も仕方がないかな?と思う。
でも、この期間の使い方の差は、「絶対に小さなものではない」と思います。

塾の先生だから脅かして、また そんなことを言う!あははは・・・・・・・・・それは、違いますよ。
例えば、教科の勉強をさほどしなくても、「読書三昧」のお子様との差はつきませんか?

読書好きの私としては、これほど長い休校期間があったらどれほど「読書」できるか?
・・・楽しみでなりません。
できる科目としては、国語しかない私。

その私に国語の力を与えてくれたのは、「中学~高校時代」の乱読期間です。

あの頃は、寸暇を惜しんで読書しました。
おかげで、長~いものも読み込むことができました。
ついこの前、読み返したのですが「モンテクリスト伯」。・・・・ヨーロッパ史が好きになりました
「レ・ミゼラブル」も泣きながら読んだものです・・・・・NHKで海外ドラマとして今やっていますね。
あなたのお子様には、この期間を有用に過ごしてほしいと思います。

yjimageBPBK96AN








うそや~!で始まる「合格体験記」お読みになりましたか?
国語の成績が上がる・・・・・というエースの触れ込みに、ある生徒が叫んだ「声」です。
お読みいただければわかりますが、
結局この生徒は
「国語が最も得意な科目」になってしまいました。あはははは!

「?????????」
ですよね。
当人も「?????なんでなんだろう?」なんです。

エースは、他の塾が上げにくいという「国語」「英語」の成績を上げることに大変長けています。

そして、令和2年度から「理科数学」をパワーアップするために
数学の専任教師を迎え入れました。


教師として優れているだけでなく、教室(校舎)を任せることができる「教室長」の力量があります。
また、親御様方にお披露目する機会も設けますが、進路懇談なども十分わたくしに代って行える
力量ある教員でございます。

こういった教員が常駐(本当に毎日居ますから)することで、お子様への細かい指導、質問や補習の機会をたくさん設けることができると確信しています。
土曜演習では、質問が殺到しておもしろいほどでした。
それが、あなたのお子様の「成績向上」「志望校合格」に貢献するものと信じています。


新しい取り組みを続けます。
imagesN4KLCHXH今年から
数学の専任を増やした・・・・・
と申しました。

やっぱり、・・・・・・です。


やっぱり、「効果があります」ね。
授業中に机間巡視しながら、的確に指導している。


私は、お子様に対して教員は、何でもかんでも教えたらいい・・・・とは思っていません。
端的に「ピ」とポイントを押さえること。


ダラダラと教える・・・そんなことをしたら、お子様は「受け身」になり
頭脳を教員に預けてしまい
自分で考えない子どもになってしまいます。
(だから、教えすぎると成績は全く上がらない)


考えて考えて、う~ん、わからんなあ!・・・・・このタイミングで「ちょこっ」と教える。
「あ!」って思う程度に教える。

理解する事と、解けるようになることは、大きく違います。
この差を理解していない人は、「長々と説明」します。
聞いている方は、そのうちに「ぼおお~」として来てなんだかわかったような気がするような・・・・・。
実際は、「わかっちゃいない」んですけれど。

そういうことを踏まえて(理解して)、授業をしている姿を見て「安堵」しています。
img_genkou_mihon




















国語専科「ちはやふる」を開講しています。

ここでは「作文力」「読解力」の向上を目指しています。
国語のできる・・・・と言っても「国語の問題集」ではありません・・・国語力の高いお子様は
どの教科もできるようになります。

昨日も小4の女の子が、作文の問題を解こうと、

ああでもない、こうでもない・・・・と頭をひねっていました。

その様子の「かわいらしい」こと。

私 「おじじ」になったのでしょうか?
なんだか孫を見るような気持ちですね。(笑)
images46











今からでも「エース進学」は、入塾できます。

特に、中学生は「進度」を気になさるかもしれません。
確かに「先取り学習」ですので進んでいます。

しかし、最近入塾された方にも「補講」を行って
・・・・特に数学・・・・安心して授業に参加していただいています。


いずれにしても、これだけ長期の休校をしている以上、
授業はいつもの年のようなスピードと密度で行うことはできないでしょう。
(3月4日~5月6日・・2か月休校です)

長期の混乱が予想されます。
また、休校期間の延長もあり得ます。

そろそろ、対応策を考えておかれてはいかがでしょうか?
弊塾は少人数で授業を行いますので「3密」にはなりません。
また、授業中も窓を開ける(開放しておく)など十分な換気を行っています。


小学生も、グループ個別・・・エースぐんぐん・・・・ですので、少人数で行っています。

ご安心ください。
imagesN4KLCHXH私の庭には植えっぱなしの

球根がいくつもあります


この前までは、

原種の「スイセン」が黄色い花を咲かせていました。

昨日は、ふっくらと膨らんだ「チューリップ」のつぼみを見つけました。

あわ~い、紅いリンゴのような色の蕾です。

日々、多忙でかまってやれないのですが、季節が来ると私の目を楽しませてくれます。


また、八重桜も開き始めました。

自然の生き物は、力強いものですね。
yjimageG4CVD9GF今日14日(火曜日)に

エース進学は

この春最後の

新聞オリコミをしています。


心から願うのですが、「自分を伸ばしたい」と願うお子様に来てほしいと思います。

わたしたちが、できることには限りがありますが、

「がんばってみよう」「やってみよう」というお子様の

ともに走る者(伴走者)になりたいと思います。

 コロナのために先行きは不透明です。
お子様の学力がどうなってしまうか・・・・・これはご家庭の取り組みにかかっています。

元来、お子様の教育は「家庭での教育」が中心たるものであります。
学校や塾は、極めて専門的領域を担当するにすぎません。

だから、学校任せ、塾任せであってはならず、総括的にお父さま、お母さまが
コントロールされるべきものだと思います。

こんな時期だから「塾なんて行かせられないわ」という判断もありましょうし、
逆に、「こんな時期だから、しっかりと学習する習慣は失ってはいけない」という考えもあると思います。

私たちエースは、後者の考えを取っています。
ご賛同いただける方の参集をお待ちしています。
yjimage3











来る4月14日(火曜日)に最終の折り込みをいたします。

いままでどうしようかなあ?
夏まで待とうかなあ?

・・・・・・・・・なんて考えていた方、この際よく読んで決断ください。

世の中はコロナで大変ですが、「お勉強の進度」は待ってくれません。
また「勉強しない習慣」がついてしまうと、あとからとっても大変になりますよ。


エースは、中学は1クラス12名までの少人数クラスです。

十分に👀が行き届く人数で、かつ、競争もあります。

私は、少々消極的なお子様でも、普通の成績ならば、クラス授業をお勧めします。

エースでは「土曜演習」という「質問し放題な時間帯があります」・・・・・通常の授業を受講されていれば
どなたでもご参加いただけます。
ずっと横に先生がついて教えてもらうのもいいけれど・・・
消極的なお子様がかえって、消極的・受動的になるとは思われませんか?
また、1:3とか1:10とかでは、教えてほしいところが教えてもらえないで、
帰ってきてしまうとは
おもわれませんか?

教えてもらう・・・・インプット
自分でやり直す、解き直す・・・・アウトプット
この2つがバランスよくあってこそ、成績は上がると思うんです。
エースは、学習環境の理想化に努めています。

↑このページのトップヘ