「エース進学」ブログ…県立高受験のプロ

瀬田でNO.1学校の点数が上がる総合進学塾のブログです。「一斉クラス指導」+「個別指導」の長所を合わせたハイブリッドな指導があります。成績中位のお子様の成績が最も伸びます。ホームページもあります。こちらもご覧ください。 http://www.ace-shiga.com/

「エース進学」ブログ…県立高受験のプロ イメージ画像
大津市瀬田で一番学校の点数が上がる総合進学塾
県立高校受験のプロフェッショナル…クラス指導+個別指導の長所を合わせた指導が受けられます。お気軽にお問い合わせください。公式ホームページはこちらです。

更新情報

yjimageJ5VN363P私は、特に小学校に上がったら、「国語」に力を入れるべきだと考えています。

昔は「読み、書き、そろばん」と言いました。
今でもある程度の暗算力は、算数・数学の成績に差をつけます。


それ以上に「読み」は大きな差を、小学低学年時に作っていると思います。
「音読指導」があります。
大変優れた指導だと思います。
しかし、欠点もあります。
「朗読」になっているお子様が多いことです。
中には、声色を遣ったり過度な誇張を行うお子様もあります。
それでも、
文章の内容が「頭に入る・・・理解される」ならいいのですが「朗々と」音読して、その後何も覚えていない?
何が書いてあったの?わからない!・・・・これは大きな問題なんです。

すらすらと速く読むことが、いいこと、うまいことという大きな誤解があります。

エースでは、小学生は「エースぐんぐん」コースでは、「手取り足取り」教える回数が比較的少ないと思います。
中には、「教えてもらえない」と誤解するお子様もありますが、そういうお子様にみられる大きな傾向は、
流し読み」をすることです。
問題文をきちんと把握していない・・・・たとえ、計算問題でも。
ヒントが横に書いてあっても、また、図や表を読み解くモノだと思っていない。

だから、「よく読もうね」「ここにヒントがあるよね」とアドバイスしても「????」。
こういうおこさまが求めておられるのは、「これはこうして、次はこうして・・・」という教員の指示であり、誘導尋問です。
それで、正解ならば「自力で解けた」という認識なんですね。
これは大きく違います
自分の頭では「まったく考えていない」ので、「理解していない」し、「わずかな時間で忘れる」のです。
「勉強」=「頭を使う」と考えると、あまり勉強になっていないかもしれないと私は思うのです。

考える学習・・・をするためには「読み取る」・・・・文字も表も図も・・・・ことが必要です。
丸がもらえることが快感であることは、その通りだと思います。
が、1ランク上の学習は、「あえばいい」「〇ならいい」ではないのです。


こういった差は、目立ちません。
学校の「1枚きりのテスト」では、点数差にも表れません。

しかし、中学に進学されたとき「じわじわと」現われてくるものなのです。
エースでは、第1目標は「高校入試」です。第2は「大学受験」です。
その時に、他の生徒と差が明確になる・・・・グ~ンと伸びる生徒を育成することを眼目にしています。
エースには「ちょっと先を見据えた」方々にお越しいただきたいなあと思っています。
小学生も中学生も、「国語指導」を全教科の根本においています。
yjimage11VFHH2S親と言えども、どう振る舞えばいいのか迷う時があります。
子どもが[好きだから],やらせてほしいということと、親から見てしなければならないことのバランスをどうするか?などは最たるものでしょう。
写真のような「ゲーム」「ユーチューブ」は言うに及ばず、スポーツにしてもお稽古ごとにしても、バランスは悩ましいものです。

全てがバランスよく、ある一定レベル以上にできていれば、こういう悩みは生じませんが、部活動に、お稽古に熱中しすぎて「お勉強がお留守」の場合、どうすればいいのか?

勉強が遅れている・・・ということは、あまり親としては認めたくないことです。
「まあ、うちの子はおっとりしているから・・・・」
「これから、取り戻したらいいんだろうから・・・・」
「このくらいは、たいしたことはない・・・・・」

これらは、私自身が親として感じた世界です。

少年少女の時代(小学生・中学生)に「好きなことをさせる」・・・人生は一度きりだし。
しかし、一度きりだからこそもう、「過ぎた時間は取り戻せない」とも言えます。

お子様を一人の人格体として遇することと、今、発育途上にあるという認識は矛盾しません。
親子で話し合ってみた
子どもがこういう
だから・・・・・・言うことは言ったし、子供の言うとおりにしよう。それでいいのでしょうか?

どこまでを認めて、どこから親として(人生の先輩として)指導するか?
難しいですね。

塾の先生だから、勉強ばっかりしろ!って言うんだろう・・・・そんなことはありません。
私自身、遊ぶの大好きですし、ぼ~っとするのが好きです。

しかし、これから「2極に分かれていく世の中」のことを考えると、格差社会に生きる、子どものことだけに真剣になります。
好きなことをして「豊か」に、「幸せ」に生きていけたらいいんですよね、本当は。
何が本当なんでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

県立高校受験のプロフェッショナル 大津市瀬田の塾でNo.1親身な総合進学塾 エース進学ゼミのHPです。
DSC000212288








何はともあれ、お子様の定期テストの点数が上がると嬉しいですよね。
お子様もワクワクですし、親御様もウキウキです。

さて、日ごろの授業で感じた問題点を洗い出して、対策する。

学習用データベースを活用する。

生徒様の自学自習の時間を確保する。


勉強しないで、「いい点だけ取りたいな!」・・・・これは無理ですね。

スポーツでもさわやかな汗がかけますが、勉強でも爽やかになれますよ。

自分の課題から逃げないで、きちんと正対すること・・・・これが「テスト勉強」です。

子どもの頃に簡単にした「小公女」を読んだ覚えがありましたし、確かアニメでも「小公女セーラ」がありましたよね。
しかし、ほとんど内容は忘れていたので「新訳」版が出たということでこの日曜日に一挙に読んでみました。

子供向けの本・・・・ではないんですね。私は「子供向け」と完全に誤解していました。

読みながら「考えさせられること」「涙がこぼれること」が何度もありました。


持ち物がその持ち主の性格を反映すること・・・・ミンチン先生と隣のインドの紳士の対比

ミンチン先生とアメリアの人間性の薄っぺらいこと・・・・それを見抜かれていること

持たない時でも、その中でも「与えること」で、それを見ている人を感化するということ。

人間は「こうありたい」と思うような人間になるということ

言ってしまえば簡単なことですが、私がおじさんだからこそ「子どもの時とは大きく違って」考えさせられることが多かったのです。
むろん、物語の中の話‥‥と言えばそうなんですね。
 
 しかし、自分が恵まれていることを「たまたま、このようになっているだけで自分は特別じゃない、もしかしたら、すべてなくなったら嫌な部分(性格)が出てくるのかもしれない」なんて、大人でも恵まれている時は恵まれていることを考えないし、ましてや恵まれていない時は、「他人のせいに何でもしたくなる」・・・・ことはないでしょうか?
本はたくさん読みますが、久しぶりに「ぼろぼろ」と泣きました。

 エースでは、勉強を通じてお子様に「受験に成功させたいと思う」とともに、おこさまを「こころの貴族」にしたい、人間としての質を向上させたいとも思うのです。
 これは、経済的な変動があっても、社会が変わっても「奪われない」人間の本質的なものと思うからです。
世知辛い、世は火宅という世情ですからこそ、お子様の養育は長い目で見たいのです。
チョッと、えらそうなことをかきました。ごめんなさい。

あなたも「小公女」、読み返してみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

県立高校受験のプロフェッショナル 大津市瀬田の塾でNo.1親身な総合進学塾 エース進学ゼミのHPです。
yjimageG9RLAFHT






 改築中ということで、学校内が迷路みたいになっていました。
でき上げれば、京都一大きい体育館や講堂ができるようです。

どの私立様も、設備の充実には力を入れられますね。
また、英語にも力を入れるということで新しい大谷の活躍が見れそうです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

県立高校受験のプロフェッショナル 大津市瀬田の塾でNo.1親身な総合進学塾 エース進学ゼミのHPです。
2014-08-13_17-58-58_7_profilelこの暑~くなりつつある時期は、昼夜の温度差が大きく体調を崩しがち。

とくに「体育館」でするスポーツは、むんむんして「ぎょえええ~」ってなりそうです。
盛夏以上に「暑くてつらい」のがこの時期です。
そして今週末は「春季総体」!

応援に行く中1は、大変ですね。
でも、応援に行かない人も・・・・・大変なんですよ。
「わ~い、部活がないぞ~!!」なんて思って遊びに行っていると、手痛いしっぺ返しが来ます。
中1には、大人がどんなに「中間テスト」の大切さを力説しても「ピン!」ときません。
体験がないのですから、「想像の域」にしかすぎないからです。
テスト自体が、冊子になっていたり、表裏あって複数枚あるとか・・・・慣れていません。
この間、エースで「模試」をしてみて中1のあたふたする姿に、さもありなん!と感じました。

慣れれば何でもないことですが、初めてというのは難儀なものです。
問題用紙と解答用紙が異なる・・・というだけでも「点数が下がります」よ。
効率が悪くなるんですね。

中1を中心に書きましたが、中間テストが大切なのは、中2も中3も同じこと。(むろん高校生も)
特に「中間テストがない」中学は、大変だと思いますよ。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

県立高校受験のプロフェッショナル 大津市瀬田の塾でNo.1親身な総合進学塾 エース進学ゼミのHPです。
 ジュクサガス(エース進学ゼミの口コミがあります)https://jyukusagasu.com/
DSC00099瀬田北中学の中間テストまで、2週間となりました。
おこさまは、テスト準備をされていますか?

中1は、史上最高点数が取れる絶好のチャンス。
ぜひとも450点を楽々こえてほしいものです。

エースでは、「中間テスト対策期間」が始まりました。
すでに、学校のワークの点検は済ませました。

えっ?ワークをやるだけがテスト勉強?・・・・・それでは「期待する」点数は取れませんよね。
学校が出してくださる課題は「みんながする最低限度のもの」と考えましょう。
さっさと済ませて、「自分の弱点」を対策するのが本当のテスト勉強ですよね。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

県立高校受験のプロフェッショナル 大津市瀬田の塾でNo.1親身な総合進学塾 エース進学ゼミのHPです。
 ジュクサガス(エース進学ゼミの口コミがあります)https://jyukusagasu.com/
yjimage23456







なんで、高校に行くのさ?
それは情報収集のためです。

エースには、「正しい進路指導をする」「親御様に必要な情報提供をする」という役割があります。
親御様が「~したいんですが」というご相談に快く応じていますが
反面、「お子様は~されたらどうでしょうか?」というご提案もエースはしています。

情報過多の時代、かえって「なにを信じたらいいのか?」「本当のところはどうなの?」という疑問が毎年たくさん親御様から寄せられます。
正しい情報提供と「アドバイス」をするのも、エースの務めの1つと考えているから、高校巡りをするのです。

ネットを見ればわかる・・・・本当ですか?
極論すれば「ネットには本当のことは載っていない」とも言えます。

本当のことは「足で稼ぐ」のです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

県立高校受験のプロフェッショナル 大津市瀬田の塾でNo.1親身な総合進学塾 エース進学ゼミのHPです。
 ジュクサガス(大津市瀬田の親身な総合進学塾エース進学ゼミの口コミがあります)https://jyukusagasu.com/
yjimageXSO4Y7L2











中間テストの時期が来ました。

エースでは、中学生全員が目標を立てて「中間テスト」に臨みます。

目標がないまま、勉強するだけは「地図のない航海」をするようなものだと思います。
いつまでに、なにを、どこまでするのか・・・・・地図があってこそ、確実に目的地にたどり着くと思います。

しかし、生徒様のなかには、結果を考えて「目標をあえて実力以下」に設定しようとする方がいます。
「できなかったら、いやだから・・・・・」
実力×80%ぐらいでしょうか??
しかし、それは「達成」しても、自分の成長にはつながらない・・・・ものです。

むちゃくちゃ高すぎる目標は、初めからやる気が起こらないから、ダメです。
親はこうしてほしいと思うから・・・・・
できたらいいな・・・・・・
・・・・・・でも信じていない、「たぶんできないだろうなあ」「できるはずないよ」・・・・・そんな目標は意味ないです。

自分の実力より、ほんの少し高くしませんか?例え、1点でもいいんですよ、アップさせるのは。

勉強を通じて「人は成長する」のです。
そして「私は人の役に立つ人間になる」のです。


私も自分の子供にたいして「言葉を惜しみました」・・・・よくないことです。
「勉強は自分のためにするんだ」・・・・これは、親の為ではないという意味でいったのですが意味をとり違えやすい言葉です。
勉強は、むろん「お子様自身のため」でもありますが、お子様が長じて「世のため、人のために尽くせる人になるため」でもあるのです。
私は、自分の子供に諄々とここを言い聞かせることが足らなかったな・・・と、彼らが成人してから反省しています。
勉強とは、何だろうか?・・・・・これは大人も子供も心しないといけない問題ですね。


yjimageWL0KGO03










ある生徒が言います。
「ぼくは勉強ができひんから・・・」

私は内心は「烈火のごとく怒りながら」も、優しく語り掛けます。
「そういうことは、口に出して言うものじゃないよ。言葉が自分を創るんだからね。」と。

防備線として言う癖がついたのかもしれません。
まったくの無意識かもしれません。

しかし、その言葉は聞いている人がいます。
周りの人?
それもそうです。とてもはた迷惑ですね。

なら、自分独りの時なら、いいのかな?
いいえ、ダメです。
聞いている人が1人います。

あなた自身です。

ことばは、人を創ります。
「負け」「できない」を口にしながら、創造的なことを実践し、実績を出すことはできません。

エースは、そういうところからお子様を変えてゆこうとしています。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

県立高校受験のプロフェッショナル 大津市瀬田の塾でNo.1親身な総合進学塾 エース進学ゼミのHPです。

昨日、光泉中学・高校に行きました。
これから、春の高校巡りが始まります・・・・実は4月中に1校行かせていただきました。

今週の入試では「中3は志望高校全員合格」でした。
このお子たちはよく勉強しました。
大変感動的でした。
でも、ちょこっと付け加えると「エースの進路指導」もお役に立っています。

自分の脚で情報を集める。学校の雰囲気を知る。今後の見通しを聞く・・・・これらは、模試の合否判定には表れないものです。
(模試の合否判定は、あくまで過去のデータとの組み合わせで判定するのであり、未来予測ではありません。今年がこうであり、来春はこう変わる・・・・そういう情報があってこそ「補足・補正」して判断できるのです)

エースは、地元塾として30年、こうした地道な活動を行ってきました。
今年も変わらず、いや、さらに力を入れて進学指導に邁進します。


最後まで読んでいただきありがとうございました。
県立高校受験のプロフェッショナル 大津市瀬田の塾でNo.1親身な総合進学塾 エース進学ゼミのHPです。
yjimageMDPSX0M0









旅行でも行こうかな!・・・・などど思っていましたが、思うだけではどこにも行けませんね(笑)
しかし、近年「したいけどなあ~」と思っていたことは、6個できました。wao~
でもね、内容はたいしたことはないのです。
あなたから見れば「失笑」確実なので詳細は述べません。日頃、ちょっと勇気が出ないこと、面倒だなと思うことができました。
やってみると、ちょっとした充実感があるものですね。

1つは「アメリカのドラマシリーズ」のDVDを全シーズン見るということでした。(なんだ~!)
初めは「英語」で聴いたろう・・・・・と力んでいましたが、途中で「コックリさん」になってしまい方針変更。
日本語吹き替えにしました。

1度は見たことがあるから憶えているか?と思ったんですが・・・・意外!
あれ?こんなのあったかとか、シーズンでテイストが違うなあとかいろいろ発見がありました。
だらだらとTVを見るよりはかなり良かったと思います。

遠出はしませんでしたが、近場には行きました。
滋賀京都近辺ですが、観光というより「人間観察」ができて興味深かったですね。

あなたはどんなGWをお過ごしでしたか?
最後まで読んでいただきありがとうございました。

県立高校受験のプロフェッショナル 大津市瀬田の塾でNo.1親身な総合進学塾 エース進学ゼミのHPです。

↑このページのトップヘ