県立高受験プロフェッショナル 瀬田NO.1親身な総合進学塾  大津市瀬田「エース進学ゼミ」

大津市瀬田で「一生忘れられない出会い」があります。「智湧き心躍る!」瀬田NO.1親身な総合進学塾です。HPもあります。ご覧くださいませ。 http://www.ace-shiga.com/

県立高受験プロフェッショナル 瀬田NO.1親身な総合進学塾   大津市瀬田「エース進学ゼミ」 イメージ画像
県立高校受験のプロフェッショナル 大津市瀬田で一番親身な総合進学塾
一生忘れられない出会いがここにあります。HPはこちらです。

更新情報

本日と明日、期末テスト対策10時間勉強会です。

昨年までと今年の違いは何か・・・・・「自学自習の意欲の高い人は結果を出す」ということでしょう。

昨日も自習にたくさん来ていました。

教えてもらう、あれをやれ、これをやれと言われてやる・・・・のと自分で考えて「自学自習」するのは学習のレベルが違います。高校へ行っても大学へ行っても枯れてしまわない「学習の基本」を身につけてほしいですね。
DSC00658教育産業が「超ブラック産業」であることは知られています。月間100時間の残業を「見なし手当3万」それも「給与体系」にもともと組み込まれているなんて普通です。

 目の前のお子様「情がいく」ので、自分のこと家族のことなど度外視します。希望をもってこの業界に入ってきた「若者」がものの1年もたたないで疲れ果てて去っていくのは、それだけ業務が過酷であるからです。
毎年、保護者様・生徒様の要求基準は上がっていきます。同じことをやっていたら「平凡である、前年より良くないという評価」がつきます。

教員も人間ですから、精神的にも肉体的にも追い詰められていくと、準備がうまくいかなかったり手筈が整わなかったりすることが1000の内に1つ起こります。以前の職場でコピー機の処で転倒し、痙攣を始めた20代の教員を見たことがあります・・・・ひきつけですね・・・・救急車を呼びました。過労のゆえに言動もおかしかったのです。退職しました。
仕事の不手際を見逃してほしいというのは、「職業人としては甘え」であると私は思います。今までずっとその気持ちです。しかし、同時にイレギュラーなことが3つも4つも同時に重なったとき、完璧な判断・行動ができないので生徒様に「ちょっと待ってくれ」という対応をすると(声も厳しい口調になっているでしょう)「失望した」と言われたときがあります。その方の抱える問題は1つですが、私が同時に4つに判断を下す状況にあることはたいがい理解はしていただけません。パニックに近い状態で「動じないふりをする」のですが、そこが反省なく見えるようです。(T_T)
こうして「悲しい別れ」が幾度かありました。
 では、そんなに業務繁多でつらいなら、「人手を増やせばいいだろう、雇用を増やせばいいだろう」・・・・実は容易ではないのです。
人手は無料・ただではないからです。
 「できない」ことを「現状ではできません」・・・・と言えば生徒様・保護者様を失うのではないかという思いから優柔不断な対応がおかしな「疑問・・・誠実でないとかうちの子を大切に扱ってないなどどいう思い」を生んだり、過大な期待(授業料に見合わない)に応えるため無理をしたために返って失望を生んできたと思います。無理でもこたえなきゃ、やるんだ・・・・そう考えてきたからです。
現在、教室は15:00から開けています。
過労でふらふらになりながら「テスト前だから教室を開けてほしい」との声に押されて、では13:00には、・・・・
と安易でした。通常でも自宅から教室まで片道1時間かかります。この日、事故があり片道1車線規制で大幅に到着時間予想が狂いました。2時間以上かかったでしょうか?20分遅れました。私の頭の中には「生徒を待たせてはいけない」これのみでしたが、批難がありました。遅れたことは当然いけないことです。とにかく2時間以上運転して、駐車場から全力で走り、階段を駆け上がって教室を開ける・・・・・・「子どもへの謝罪がなかったとの保護者様・生徒様の辛辣な批判」・・・・ほんとに気が動転していました。
こららを反省して、「無理をしないで難しいときは難しい」と言うこと、そして業務時間の短縮を図りました。
電話の着信記録を見ますと、今でも午前7時代とか9時代とかかなりかかっています。
申し訳ないけれど、それに応対していくのは現実的ではないのです。

私自身、「最高の品質を、より安く・・・」前へ前へと考えていました。
日産が「100分の1秒から1000分の1秒へ」というコンセプトを捨てたのはカルロス・ゴーンを迎えてからです。
新型マーチは、多くの中から、色が選べるというコンセプトにして目標を大きく超える成約を得ました。
エースは、かっては11時まで、再テスト・補習をするのが常習化していました。
しかしそれは、自宅学習が足らない少数(常習)メンバーへの奉仕に過ぎませんでした
それはエース自身の自己満足だったのです。
いつも申します。
世の中に塾は「星の数多・浜の真砂ほどある」と。
塾と言っても、「デパートのように進学も補習も何でもあり」という塾もあれば、学校の授業が分からないお子さんを対象に補習を専門とする塾もありますし、俗にいう進学塾など千差万別です。形態も違います。
お子さんに合った形の、レベルの塾を探すといいと思うのです。
「塾」といっても同じものは1つとしてないのです。
エース進学ゼミは「進学塾」です。「授業」や「テスト対策」「補習」などでき得る限りのレベルアップを現状の授業料体型内で取り組んでいきます。
 しかし、お子様がご自宅で「自学自習 学年×15分程度」はなさらないと「よき結果は出ません」。うちの子は勉強してないけれど、成績が上がらない・・・・コレは厳しいけれど当然なのです。家では諸般の事情により「自学自習できない」方のために、自習室の開放(今日特に多いので、個別指導ブースも開放しています)を毎日、おこなっています。

現在は午後10時を過ぎれば生徒は、ほとんどいません。
そして、再テストは、ほとんどありません。レベルを下げたのでもありません。
補習は、難しい問題に対して行っています。質問する生徒も多くなりました。
ありがたいことに「494点」を出せるようになりました。

自分たちが「体も心も擦り切れるように働く」・・・そんな強ストレス状態では生徒とのよき関係はできません。
私たちは、新しい関係を築いていきます。


あのとき、うん?ということで目が覚めて、まだ「赤ん坊」だった長子を壁際へ移動、「へえ?なんなの?」という家内の襟首掴んで移動しました。3秒後、ドドドと揺れが来て当時はマンションの5階に居住していましたので相当横揺れは激しかったのです。
頭の中では「震源地はここではないな・・・横揺れなので」と「箪笥が倒れると出れなくなるな」「飲料水はどうするか」・・・・揺れている最中に考えていました。

当時、大阪方面に居住する社員もおりましたので、「携帯」で安否を確認。「生きています」・・・・それ以後携帯電話はかからなくなりました。
TVで大阪・三宮方面の状況を確認・・・・・空襲後とはこういうもんだろう、時代錯誤かもしれませんがそう思いました。自分の経営する塾の室内がごちゃごちゃになって居るだろうということは容易に想像できました。
各教室責任者に連絡を取り、3日間は休講しますと至急に連絡させました・・・・・丸1日かかりました。
大阪居住の教室長の代わりには私が電話をかけ続けました。

 19日も帰宅するや否や「震度3」の余震。
阪神淡路で「心に傷を負った」方は、今回の地震でどんなにコワイ思いをされているか。
私たち日本人は災害とともに生きてきました。
ほんの数年前、3軒先まで浸水しました。
山から「鉄砲水」が出たのです。・・・・・そういう災害が江戸時代にあったことは知っていました。旧地番から、どういう場所か・・・結構わかるんですね。しかし、あの程度の雨でおこるんやなあと改めて思いました。

 エース進学ゼミは、災害の際は「お子様の身体」を守ります。そのあと、広域避難所になっている「瀬田東小」に移動します。保護者様がお迎えに来られたらおかえりいただきます。
いくら家が近くても、お子様を一人で帰宅させることはできません。2次被害にあう可能性があるからです。
必ず、広域避難所「瀬田東小」にお迎えに来てくださるようにお願いします。
 また、災害📞の使い方をご家族の中で衆知願います。
これも生徒の意見です。
テストでいい点を取ったら、なんか(とはいってもそれなりでしょう?サマンサタバサのバッグとか?)欲しいという意見は多いですね。
教育経済学的にみると、褒賞をお金や物で与えても特に問題はないと言います。癖になるとか、褒賞がないと動かなくなるとか・・・そこまで人間は単純ではないと。
しかし・・・私が愚図野郎なので・・ホンマに影響はないのだろうか?って思うので、エースは高得点者にもの、金に類するもの(クオカードとか図書券とか)を与えたことはないんです。
「物で満たされること」、「他者からの称賛「、「自己への評価・称賛」・・・・どれを尊ぶべきかな?って悩みます。
 入退室のカード・・・・これも「ポイント」つけられるんです。個別指導塾などでたくさん授業を取ると、登校しますから当然ポイントもたまります。エースではこの機能を使っていません。
自学自習に来ることを奨励していますから、これは稼働させてもいいのかなとも思います。
滋賀県大津市の学習塾 エース進学ゼミのHPです。
これは、小学生の意見です。
たまたま私の家が、(現在は転居しています)江戸時代260年とそれからの90年ほど・・合わせて350年、同じ場所に屋敷がありました。途中、あまりの家計の苦しさにどんどん良い家財は売り払ったのですが、あまりにガラクタで売れなかったもの、ぶっ壊れているものが放り出してあります。
どんどんいらないものを奥の方へ放り込んでありますから、子供ころから「自宅の探検」が結構面白かったのです。

まあ、引っ張り出したものを「やすり」で削ったり、金鋸で切断したりしてカスタマイズしていました。今から思うと
骨董の価値の破壊ですね。杉の箱に40センチくらいの高さでしょうか?「のたくった字」や「漢字ばかり」の本(和綴じ本・漢籍もあっただろうなあ)がぎっしり入った物が2ハコありましたが、「瞬殺・・・ゴミやな」・・・・ゴミの日に出しました。
収集車の来る前に、隣のおじさんが持ち去っていきました。
 転居の際、私の手遊びの道具として残ったものが「授業のネタ」です。
当時、子供だった私から見て「お宝」だったものですから、今の私から見れば「へん」ですが、小学生の生徒諸君には結構面白いようです。
生徒の皆さんに「これからのエースをどうしていってほしいの?」と聞きますと、意外なほどいろんな建設的な意見が出てきます。
失礼だけど、もっと勉強は嫌だ!というかと思っていましたらと「楽しい」という者がかなり多いのです。
これは本当に驚きだし、大変失礼なことだった。
実際にできるようになって嬉しい。
成績が上がって、楽しくなってきた。
自分で「目標はできる」と信じられるようになってきた。
・・・・・・・( p_q)エ-ン泣かせますな。塾長殺しです。
おもしろい意見もありますよ。10時間勉強会なんだから、1日10時間勉強するべきだ!(表題通りにやれよってことでしょうかね)・・・・過激ですね。これが2日あるんですし、2学期などは時は「中3」用と「中1中2」用の2週間ある時もあります。40時間ですよね、あはははは(T_T)
もともと、本当の10時間でした。
そして「8時間耐久レース」・・・・今の形に落ち着いていますが「やっぱり、中にはぶっ飛ばしたい」メンバーがいるんですね。
結構前向きな意見が多いのです。もっと勉強する場所や時間が欲しいと。
ある面ではこちらがたじたじとしました。
より、多くのチューターを入れて、勉強会以外でも複数控えさせている状況を創りたい。
やっぱり、そのためには「値上げ」ではなく「生徒数が欲しい」と思うんです。
塾は、なんの公的な経済的支援もなく、すべてを自ら賄うことで「自由に教育活動ができる」のです。
やりたいことはおおい。
生徒の希望はかなえたい。
ジレンマですネ。
よき環境づくりのためにどうか「入塾者」のご紹介をおねがいします。
滋賀県大津市の学習塾 エース進学ゼミのHPです。
遅くなって申し訳ありません。
16日(土)は、午後1時から「自習室」を開放しています。
滋賀県大津市の学習塾 エース進学ゼミのHPです。
サッカーがうまくなりたい・・・のに、自分のレベルより下のチームをえらぶの?
将来、野球で活躍したいのに「へたくそチーム」を選ぶの?
むろん、そのチームに入れば、レギュラーになれるかもしれないけれど、なんかごまかしていないの
少なくともアマチュアであろうと「真の実力」は高まらないと思いますよ。
趣味で「草野球」「草サッカー・・・こんな言葉あるかな?」やっているのなら構わないけれど「真剣にプロをめざす」なら強豪高校とかユースとか入るべきじゃないかな?
 かつて「定期テストで320点台」の方が入塾相談に来られました。
私のしっている個別指導に行っているとのこと。宿題はやって行ったことが無い。家庭学習の時間も0.やってこないから結局、宿題も出ない。・・・・あきれて「エースではこうしますが、こうしていけば400になります」と提示したところ顔色が変わり、顔を背け、今すぐにでも帰りたそうでした
引き留めもしませんし、その後「お誘い」もしていません。
 塾を代わったら、自学自習しなくとも、頭に注射でも1本打つように、ぴよよ~んと成績が上がると思われていたかもしれません。
 最近、成績上位者の〇〇〇点とった・・・なんて話をしていますと、風評が聞こえてきました。
エースは、成績が良くないと入れないらしい・・・・・
うそです!!だれですか?無責任なことを言うのは!
一斉授業についてこれないのは困ります。
が、入塾テスト・その代わりの成績開示で「来ないで」と言ったことはありません。
普通の成績があれば「伸ばしていきます」からみんなで400点越え450点越えしましょう。
滋賀県大津市の学習塾 エース進学ゼミのHPです。
短期的結果・・・例えば次回の期末テストの結果です。450点越え!!やった!!・・・・しかし、実力ではありません。範囲の決まった中で、プライオリティの高い部分を要領よく抑えることで達成できます。
こんなことを言いますと「ケチつけてる」と思われそうですが違いますよ。

中間テストや期末テストでいい点が取れることは「やる気が高まる」のです。やる気の推進力が高まるのです。いいことです。しかしそれを実力なんだぞ!!と誤解することがいけないと申しているのです。

中3で「定期テストはそこそこ点が取れるのに、実力テストではあかんなあ~」という方はそういう可能性があります。

中学生から「入試ってどんなもんですか?」という禅問答のような質問が来ますが「中間・期末テストの5回分」と答えています。すなわち「1年間すべて」・・・・・範囲なんかあるもんか、本当に「身についているか」試されるんだ・・・それが私の答えです。

 期末テストの勉強・・・これは短期に結果を出す勉強と割り切って良いでしょう。しかし、日ごろの勉強が長期の実力向上に結び付くか?これをたえず確認する必要はないでしょうか?
滋賀県大津市の学習塾 エース進学ゼミのHPです。
gf1940238765実は悲しいことに「国語のできる生徒はそれほど本を読んでいない」という調査があります。すなわち、私たちの思う「本を多読する=国語力が高まる」というのは幻想かもしれないのです。朝読書で小中学生の読書冊数は多いです。
まあ、何を読んでるか・・・・嫌いじゃないけど「ゾロリ」とかですと絵が多いですね。朝読書が、読書週間の定着にどれほど貢献しているか・・・・高校生になると「読書をほとんどしない」ようになることで悲しいけれど明白です。
高校生も大学生も(大学生もですよ・・・怒り、何のために大学に行っているんだ!!)月に1冊、読まない。

読解のできないお子様の共通する点
抽象的なことが苦手です。文字情報から、頭のスクリーンに360度イメージをわかせる・・・・ここが苦手ですね。最近、数学の空間認識(3次元立体)と似ているなあと思うんです。
 ある中学生(国語、苦手。文章下手)に聞いてみました。
「日ごろ、どんな勉強しているの?」
「エースの問題集やったり、自分で買ってきた問題集やったりしています」
「う~ん、君の問題点は『読解』にあると思うんだか、それに関して何か自分でやっているのかな?」
「本を読んでいます」
「どういう風に?」
「本を読んで全部読み終わったら、誰が登場したとか、どういう話だったかとかを書いています」

「いや、ちょっと、でかい(範囲が広すぎる)。1冊終わるまでは範囲が広い。読めてるか読めてないか確認できないよ。もっと短い範囲で、口頭でいいから、あなたのことばでいいから何が何してなんとやらを説明しなさい。それができないのであれば、読めていないから」
滋賀県大津市の学習塾 エース進学ゼミのHPです。

↑このページのトップヘ