「エース進学ゼミ」瀬田本校 県立高受験のプロフェッショナルNO.1学校の点数が上がる総合進学塾

大津市瀬田でNO.1学校の点数が上がる総合進学塾。ここには「一斉クラス指導」+「個別指導」の長所を合わせたハイブリッドな指導があります。成績上位の下・中位のお子様の成績が最も伸びます。クラス塾にしようか?個別塾にしようか?迷ったらご相談ください。ホームページもあります。こちらもご覧ください。 http://www.ace-shiga.com/

「エース進学ゼミ」瀬田本校 県立高受験のプロフェッショナルNO.1学校の点数が上がる総合進学塾 イメージ画像
大津市瀬田で一番学校の点数が上がる総合進学塾
県立高校受験のプロフェッショナル…クラス指導+個別指導の長所を合わせた指導が受けられます。お気軽にお問い合わせください。公式ホームページはこちらです。

更新情報

main66666













「塾長~お」
何やら紙切れをひらひらさせながら接近してきます。
「はい、通知票!」
「うん?」
・・・・・・・いた~い。
私も取ったことが無い・・・・・・・
「9教科オール5」(前期後期は除く)
「う~、すごいなあ」
「まあ~ね」

また、別の子のかばんから「通知表のフォルダー」が見えている・・・・・・
・・・・・わざと見せてるな!
「お~い、持ってきたのなら見せてよ」
「は~い」
「では拝見ね!う!」
来た、また「オール5」
なんで、体育も美術も、音楽も5がとれるんじゃい。

あたしゃあ、
まじめにやっても体育は3しか取れなんだのに。

ものすごくうれしい反面、ちょっと「嫉妬」・・・・・
はしたないですね。
img01999








「いや~、確認してみたら、文法 何もわかってないんです」
「基本の計算さえ、できてないんです」・・・・・・・・・お子様に聞かせたくない。

エースは、小4~中3の県立上位高校を狙うお子様の進学塾です。
それでも年に何度もそういう相談はあります。

私どもは丁寧にお話を聞かせていただきます。
幼い頃のことから、どのように勉強に関わってこられたのか。

しかし、
なんでここまで放っておいたん?という場合もあるんです。
「子どもがちゃんとやっているとおもってた!」と
強く言われることもあります。
「ちゃんと」・・・・って何でしょうか?
1日3時間、机に向かうことでしょうか?
自分の部屋に立て籠ることでしょうか?

文房具の減り具合・・・・買ってくれという頻度
ペンダコのでき方

積み直していくのは、
初めて積み上げるのの何倍も辛いです。

教え、指導するこちらも「心を鬼」にしないと乗り越えられない時があります。

石垣を組みあげるようなものです。
基礎が歪んでいると、見逃がすと、全部崩してやり直しです。
自分の苦労が徒労‥‥無駄に終わったことを、どれほど苦痛にお子様が思われるか?
またやるのか?
と、嫌悪を持つ顔が浮かびます。

勉強の基礎・・・・・・
参考書の使い方?
問題集の使い方?
入試勉強の仕方?
いいえ。

鉛筆の持ち方
机への向かい方
その時の脚の位置
椅子の座り方
教科書とノートの位置関係
ものを憶えるのはどうしたらいいのか?
成績の悪い子は、よく「筆入れ」を授業中に落とします。・・・・・・

60センチほどの空間の管理ができないからです。

何年生でも、これをやらねばなりません。
わたしたちは、苦労を恐れるものではなく、お子様のやる気が削がれることを
恐れているのです。

忙しかったから
かまってやれなかったから
目にしていることは、たいしたことが無いと思っていたから・・・・と。
おとなの理由で「自分はできない」とお子様自身が決めつけるのを恐れるのです。
yjimageP2EYX2EN










アホちゃいまんねんパーでんねん・・・・・・
などと、冗談を言う場合ではありません。
エースのあり方をご批判頂いているんですから。


入塾説明は、お一組様(親御様&お子様)ずつで、行わさせていただきます。
入塾の案内の文章に書いてあることは、お読みいただいたら
だいたいの方は
お分かりいただけます。

それを1から説明する・・・・・必要はありません。

おこさま、親御様が抱えておられる問題に
私たちが応えられるか、
どう応じるのか、
そこをお話しする場です。



むろん、そういう場は苦手だわという方もあると思います。
そういう場合は黙って、「ふんふん」と聞いておいていただければいいのです。
本当に「大事なところだけ」

あの~、ここはどうなんですか?」・・・・・これでOKです。


こういう場を「見られている」と感じられる方も多いと思いますが、
逆に、エースの職員も「汗だらだら」で、見られていると緊張しているんです。


塾は、しょせん「人間と人間の信用」によって成り立つものだと思います。

建物がでかい
広告がいっぱい入っている


信用する用件の1つではありますが、お子様に「何をしてくれるか?」

「今抱えている問題を解決してくれる期待が持てるのか?」

に答えているでしょうか?

しっかりと親御様のご希望お子様のご希望に応えられるか、1組様1組様ごとに考えているのです。
300x300s_FFFFFFFF

















ほほ~、そうですか?
あなたも「なにがなんでも膳所高校進学させる派」ですか?
・・・・・・いいえちがいます。

行きたい人は、進学しています。が、・・・・・・・

石山でも守山でも

東大津でも大津でも

草津東でも玉川でも

行きたい県立高校に進学する「進学塾」です。
ただ、親御様に授業料を頂いているので、
ご希望の多い大学に進学しやすい「県立高校」を挙げているだけです。

しかし、こういった明確な「指導の方向性」を打ち出したことで、
「いい加減な目的での、通塾希望」が、減りました。

塾生数に関することなので痛しかゆしなんですが・・・・・・・。

わたしたちは、「国語教育」に力を入れています。
国語教育は決して「国語」だけで行えるものではありません。
算数でも、社会でも、理科でも
日常の会話でも
行うことになります。

けっして堅苦しいものではありません。

楽しく通っていただくうちに「高い国語力をつける」のが目標です。

お子様が、将来 文系に進もうと、理系に進もうと、
「国語」はできなければなりません。
今重要視されている「コミュニケーション力」に関係します。


IMG_1995






先日「期待している」と書いたお子様の続報です。

20問の単語テスト・・・・・何点だと思います????

ハハハハハ!

20点中19点ですよ v( ̄∇ ̄)v

むろん、あれからも「よびだし」で、憶え方を手取り足取り教えて
再テスト
再再テスト・・・・・・・・う~んんん

今日のテストは、めちゃくちゃ緊張しました。
でもね、きちんと応えてくれましたよ。
うれしいなあ。
20161027_1412523









夏期講習会のチラシに「◎◎点アップ⤴」と書きました。

それが60点アップだの、50点アップだの書いたもんだから、「本間佳代」・・・・
いやいや「ホンマカヨ」というお話を頂きました。

ホンマです。
実際のエースの生徒です。
元気に「激しく」部活をしています。

英語10点アップの方が、信じてもらいやすいでしょうね?
しかし、そんな事例はいっぱいあるんです。

「できないよ」・・・・その心のタガを外すと、ホンマの力が出ます。
本人が信じられないと言います。
でも、本当なんですね。
誰があなたは200点台って決めたんですか?
300点半ばぐらいって決めたんですか?
そりゃ、ポテチを食べつつTVを見るようなわけにはいきません。

しんどいですよ。
でもね、
自分が信じられるようになる・・・・・
世界は変わります。
yjimage44444444エースの講習会は、タームに分かれています。
第1タームは、22日から。
小学生。
中1~2.
中3の社会理科の基本講座

第2ターム(29日)から、
中3の総復習+3年1学期(Bコース)が始まります。

まだお申し込み間に合いますよ。
どうぞお越しください。


yjimageES1OYM45










女子の学校に行くというのは、ここだけ書きますと
あまりよくない印象ですね。

ほんとに、ちゃんとした訪問です。

新しい入試も始まることですし、その様子を聞いてきました。

東山さんの男子だらけも大概な迫力ですが、こっちは
幼・小・中・高・大と一塊に女だらけですからね・・・パワーが違います。
yjimage11













お一組様30分にする・・・・・と決めて、
予定を組んでいるんですが「おしゃべり」なもので
ついつい長くなってしまいます。

お子様と言えども「一人格」。
家の中の顔のあれば
塾での顔もあります。

しっかりと聞いて、整合させておかないと・・・・・・
「あれ?」なんて
ズレが出ては困ります。

「こんなことがありましたが、お母さまに伝えていますか?」
なんてお聞きすることになります。

おかあさま、
お子様に言いたいことがあったら、
「塾に言ってくださいな」

yjimage22222222









あなたさまは、お休みはどうなさっていらっしゃいますか?
アクティブにアウトドア!
かみなりさんだよ(ゴロゴロ・・・・)
ギターをつま弾いているんだ

塾というのはめったに休みが取れない業種なので、
たまに半日あけられるとかつては、
余呉湖までぶっ飛ばせ~とか、
海まで行こうとか
歴史好きなんで「愛知の明治村まで行っちゃえ」とかしていました・・・・・むろんくたくたですが。

最近は、気の抜けた「かみなりさま」で、
ございましてゴロゴロもめんどくさい。
ガーデニングどころか、草とりもめんどうだ、
ナチュラルガーデンだ・・・・ヤブノコトデス。

しかし、そればかりではいかん!
と一念発起。
映画に行きました。

私はどうも映画の始めの、予告編というか番宣というかの10分が嫌いで「はあああ~」
と、ため息が出ます。
はよ始めてくれよん・・・・・「眠くなってくるんです」よ。

どうもエンドロールになってから、「?」・・・・・
なんだか「記憶が飛んでいる?」
寝たのか?
短い映画だと思った・・・・・・

あなたは、休日はどうやってリフレッシュしますか?
ある一面の本当のことだと思います。
いや、友達がいるから・・・・
部活があるから・・・・・・
それだけのはずがないだろう・・・・・・

そのとおりです。
それだけのはずはありません。
が、やっぱり「勉強ができる」ことは「学校が楽しい」要因の1つだと
私は思うんです。(逆から学びました)

私は、中1の頃 非常に偏った「クラス経営」をする先生のもとにいました。
数人のお気に入りの生徒の意見で「クラスの方針」・・・・・
文化祭のだしもの、合唱コンの選曲、体育祭、グループ分け・・・・
なんでも決まっていました。
そしてお決まりのそういうクラスには起こる「いじめ」もありました。
息苦しくて辛くて、直接訴えたこともあります。
先生ご自身が問題!とは思っておられないのでけんもほろろの対応でした。
私の成績は下がりました。
学校に行くことで、心的なエネルギーが吸い取られるのですから。
これは逆の例かもしれません。

しかし、中2では全く異なるメンバーのクラスになり、開放感がいっぱい。
成績は、最高に上がりました。

中3ではまた、中1と同じ担任・・・・・・・・。
結果は見えています。

鶏が先か卵が先か・・・・みたいですが、
「学校が楽しい」と「勉強ができる」は、同一線上にあると私は思います。

こうした「悩み」はずいぶんとエースに寄せられます。
胸が痛みます。
なんじゃや?それは・・・・・

だじゃれです。

今、個別懇談会をドドド~ンと進行中です。
塾生の8割方がご希望されて
てんてこ舞いです。

中には2時間とか希望されるのですが、とても
対応できないので、短時間でご勘弁いただいているのが現状です。
土曜日は朝の9時から授業の直前までしていました。
ならば・・・・・・・
気分が悪くなってしまって
はじめてのことなんですが
「お兄さんになったもんだ」と実感しました。ハハハハ!
yjimageiiiiiiiiiiiii





中1を「7年生」と考えるなら、たいしたことはないのかもしれません。
しかし現状では、小学6年と中1では、はっきりした「断層があります」。

中1ギャップという奴です。

1学期に進んだ内容は、大きな観点から見ればたいした量ではありません。
ほんの少々です。
しかし、出発時点での方法性の「狂い」は、
進めば進むほど「針路が大きくずれていく」ことになります。

お子さんが気が乗らないから・・・・・
もう、首に縄をつけていくような年台ではないから・・・・

そのとおりです。
だから、お子さん自身で「自分で今後どうなっちまうか?」・・・・
想像できないといけないというのです。

いま、ろくに単語が書けない、
正負の数ができない方が、
今後の学習についてゆけますでしょうか?

勉強ができないことの辛さ
学校に行きたくない
・・・・・非行に走る原因にさえなるほどつらいことは
重々お分かりだろうと思います。

子どもが「乗り気でないので・・・・」この時期にそれを認めることで
で、大きな失敗になる可能性もあるのです。

まじめな塾は、真剣にお子様と向き合います。
故に葛藤も生まれます。
しかし、なんでも「いいね。」「いいね。」で甘やかして、お子様は
変わりますか?

最近の子は叱られ慣れていないからね・・・・・
そうしてしまったのは、大人ではないのでしょうか?

実社会に出て、頭をガ~ンと殴られるような辛さを感じるのは
誰なのでしょうか?

とても悲しく思います。
yjimage25OS455S最近、登場しました。

でも、勉強が遅れています。
みなと同じようにはできません。

居残りさせて勉強させています。
悔しそうです。
腹が立つようです。

そうでしょうね。
私でも同じ立場なら、「むかっ腹」を立てて、机の1つも蹴るところ・・・・しませんが、
です。

けれどね、
わたしは、期待しているんですよ。
その子の、「根性」というか「ガッツ」に。
私は「逃げはしない子だ!」「心棒は通っている」と思っています。

初めはツライ。
苦しい。
ここで止めたらあかんのや・・・・それを十分知っている子だとおもうんです。

また、親御様も暖かく見守ってくださっていると感じています。
しばらく耐えなさいね。
yjimageLH2FH2W7これ・・・・・・・よく言われます。

大きな間違いです。

むちゃくちゃ緊張します


人見知りです。Σ(・□・;)

見かけが「小太りおじさん」なので、
そんなイメージがあるのだろうなあ~。
本当は「蚤の心臓」です。
しかし、進学説明会でお話ししたり、現在進めている「個別懇談会」をすることは、
気付きが多くて、緊張<気づき・・・でワクワクします。

むろん、まいったなあ、そんな風に見えていたのか!ということもあります。
非力を悲しくなることもあります。
(おじさんだって、じわ~って泣くんですよ)

でも人は交わらないと「分かり合えない」ものです。
ああ、こんな風に思われていたのか!って知ってこそ、
「違いますよ」って言えます。

昔は、傷つきやすい心を「悔やんだ」こともありました。
辛くて「鉄の爪・鋼の心」を持ちたいと思いました。
でも、それでは「そよ風」も「人の痛み」もわかりませんね。

今日も、懇談です。
緊張します。
おなかが緩いです・・・・・・・
でも、「ワクワク・ウキウキ」のポーズをとって臨みます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
県立高校受験のプロフェッショナル 大津市瀬田の塾でNo.1学校の点数が上がる総合進学塾 エース進学ゼミのHPです。
yjimage0SGFY40H







実は、2次方程式の「解の公式」を教えるのはそんなに
難しいことではありません。
大学生のアルバイトでもできます。

しかし、「学習の作法」を教え、定着させるのはプロの仕事です。
まず何が「学習の作法なのか?」
・・・・・・????
わかっていなくては教えようがないのです。

成績のいい子たちは、「学習の作法」が大概はできています。
だから、大学生のアルバイトの先生の指導でも
「わかる」と言います。

しかし、「学習の作法」が、不完全であるお子様方は、
たいへん効率の悪い学習方法を取っていることが多いものです。

なんでもすぐに「頭が悪い」とか「できない」とか親子とも短絡的に考えがちですが
先日のブログの「昔の話1・2」ではありませんが
「脚下を見る」重要性も高いのではないでしょうか?

エースは、「簡単に枯れない学力をつける」ことを目指し指導しています。
目先の点数、合格も大変気になります。
けれども、
生涯を通じて使いうる「モノ」とは何でしょうか。
DSC00574







勉強って「つとめて、しいる」という強制に満ちた熟語だ。

教育も「こどもをむちうつ」姿である。

なんでなんだろうか?
そんな嫌なもんを皆がしなきゃならないなんて?
思春期のずっと前から考えてきた。
「いやだ」
現在は「能力開発⇨興味開発」にシフトしているそうだと聞く。
でも、中国4000年の歴史じゃないけれど、古来「勉めて強いる」には、きっと意味があった
と思う。
例えば、「忍耐力を養う」ということだ。
「勉強で養われる忍耐力」は、決して「フィジカル」なものではない。
極めて「内面的なもの」だと思う。

安易に
投げ出さない
にげださない
あきらめない

今の便利な生活で「そういう忍耐力を鍛錬する場」は、どこにあるだろうか?

便利に、またICTに逆行するようだけど
人間の鍛錬は、どこでするべきなのだろうかと思う。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

県立高校受験のプロフェッショナル 大津市瀬田の塾でNo.1学校の点数が上がる総合進学塾 エース進学ゼミのHPです。
yjimage11VFHH2S昔の話の続きです。

今までノートをどうとるか?誰にも言われなかったのかい?

うん

本当に可哀そうだった

今までその子が通っていた複数の塾は
私も知っている大規模なところだ。

よくやってくださっていたんですよ、
こちらの希望も聞いていただいて・・・
とお母さまはおっしゃっていた。

しかし、それは目先のことであろう。曜日の変更とか・・・・
この子には、根本的な「学習作法」‥‥教科の理解以前の事柄が、全く身についていない
だから、全く学力が積みあがらないのであろう。
そのことは、複数の塾に小学3年から通っていて誰も気づかないではおかしいだろう。

ご家庭でも「ノート」をご覧にならなかったのだろうか?
8年間・・・気づかないことがあるだろうか?

成績がどん底になれば、塾を代われば、また何とかなるんじゃないか?
親御様の思いは分るのだが、
各教科の基本も小学生以下の水準であったし、
学習の作法も全く身についておらず
エースでも如何ともしがたい状態だった
残念だった。


yjimageJ5VN363Pもう、十数年も前のことである。
ある少年が、お母さまに連れられて
塾へやってきた。

成績が良くないという。今まで塾には通っていたという。

実際に「定期テスト」の点数を聞くと
かなり良くない。(極めて悪いというべきだろう)

しかし、従順そうであるのと、受け答えはきちんとしていたので
体験授業を勧めてみた。

驚いた。
ノートのとり方を知らないのである。

ノートを取らずにいるので、取るように勧めると
ページ数も問題番号も何もなく、
読めないくらいぎちぎちに文字を詰める・・・・。
真っ黒の帯が、出来上がる。

お母様が、「字が汚いんですよ」とおっしゃっていたが
そもそも「文字を丁寧に書く習慣がない」ように思われた。

小学6年間・中学2年間・・・・どうして誰も指導しなかったんだろう?
不審でならなかった。







DSC00989DSC00976








なんとか、「進学説明会」を開催しました。・・・・・ありがとうございます。
大谷高校の梅垣先生に応援いただき、大変盛り上がった会となりました。
でも、併願校の選び方とか、模試の活用方法とか・・・・・・う~ん、話したりなかったなあ!!

昨日から個別懇談会を行っています。またこの中で「疑問点」がありましたらご質問ください。
しっかりサポートさせていただきます。

↑このページのトップヘ