「エース進学ゼミ」本校 県立高受験のプロフェッショナルNO.1学校の点数が上がる総合進学塾

大津市瀬田でNO.1学校の点数が上がる総合進学塾。ここには「一斉クラス指導」+「個別指導」の長所を合わせたハイブリッドな指導があります。成績上位の下・中位のお子様の成績が最も伸びます。クラス塾にしようか?個別塾にしようか?迷ったらご相談ください。ホームページもあります。こちらもご覧ください。 http://www.ace-shiga.com/

「エース進学ゼミ」本校 県立高受験のプロフェッショナルNO.1学校の点数が上がる総合進学塾 イメージ画像
大津市瀬田で一番学校の点数が上がる総合進学塾
県立高校受験のプロフェッショナル…クラス指導+個別指導の長所を合わせた指導が受けられます。お気軽にお問い合わせください。公式ホームページはこちらです。

更新情報

ようやく遅い昼食時間になりました。

でも、皆黙々とよく勉強しますね。


yjimage222222222









あすも、中間テスト(北中1~2)対策の「チャレンジ勉強会」をします。
通称「チャレ勉」・・・・・・・

朝10:00から北中1~2年生と有志の中学生が集まってど~んと勉強しますね。

中間を控えた中1~2はもちろんだけれども、中3も「秋」ががんばり時・・・・やる時はやるのさ。
yjimage999999












商品でも「合う・合わない」があります。
あの生地は、なんだか肌に合わないわ!とか。
しっくりこないのよね?とか。

塾は見えない「モノ」をあなたに提供しています。
だから、よけいに「合うか?合わないか?」が分かりにくいし、かつ、重要です。

人間は、見えないものを判断するのが意外と苦手です。
ですから「見えるもの」(器とか)に左右されますし、
ひとの「うわさばなし」(どこまで本当かな)に左右されます。

問題の本質は、「あなたのお子様に合うかどうか?」であり、
成績が上がり、人間性が高まるかどうかです。

エースは「成績が上がる」「志望校に合格する」とともに「人間性が高まるかどうか?」に重きをおいています。
だって、「成績が上がったけど『嫌な奴』になる」としたら・・・・・・ぞっとしませんか?

成績だけよかったら・・・・なんて本当は無いんです。
いびつなんです。
不自然は、いずれ壊れます。

合う合わない・・・・は、お肌で実感してみてください。
m2DBol4a











よく言われます。「エースの方は、『営業の人』のような話し方をしない」と。

営業の人のような話し方とはどういうものか?・・・・よくはわかりませんが、
強引に入会に導こうとしている「話し方」というならば
エースはそういう話し方をしない塾です。

立て板に水…トークで「ああそうですか」とお客様を言いくるめて、
入塾を決めても意味がないと考えるからです。

なぜって、「やる気(勉強する気)は誰かが起こす」ものではなく
「お子様ご本人が起こすモノ」だからです。
やる気を起こしてほしいから塾に入れるんじゃないか・・・・・・
でも、「やる気」は人からもらえません。

エースでは、お子様の心の中にある「やる気の芽」を育ちやすい状態にすることは、全力でいたします。

しかし、「その芽」に内在する力を信じることがとても大切だと思うんです。
殻をカチ割ったり、苗を引っ張ったりすれば、枯れてしまいます。

だから悠長の話しているように誤解される時があり「あれま?」と思う時もあります。
皆さんに入塾してい欲しいんですよ、本当は。
でも、入塾した後に「お子様が伸びる」状況を作るのは、入塾時点に「心に火をつける」と
思うんですね。
1日、たくさん時間を取って、「お勉強しなさい」・・・・と申しました。

そうだな・・・・机に向かっている中学生のあなたはえらい人です。
あなたのお子様もえらい人です。

しかし、「本当に勉強しているのか?」という
確認は要りますね。・・・・・・勉強しているとはどういう状態なんでしょうか?

あるお母さまがおっしゃいました。
社会なんてね、裏紙にたくさん書いたら憶えられるのよ・・・・・

社会に限りませんけれどね・・・・こういう誤解は!
たくさん書くことは「作業」であって、「頭を使う」「思考する」とは関係ないことです。
もっと言うと「暗記」からも「ズレ」ています。
関心が無いもの、持てないものは、何度やっても「暗記できません」よね。
反復練習だけで乗り越えるのはかなりむずかしいです。
すぐ忘れます。

だから、ノート 何ページ分書いた!とか「形」になります。
懸命にテキストを「書写した」・・・・・・だから「勉強した」と言いうのはイコールでしょうか?
ワークを教科書見ながら解いた?これも勉強でしょうか?

4時間5時間机に向かっても、本当に「脳を使用している」時間は、半分もあるんでしょうか?

よくこんな会話があります。

「たくさんかけたよ、今回のテストは!」
「そうよかったわねえ!!」


結果はあまりよくないことが多いのです。
「解答欄を埋められた」ということと「正答がかけた」ことは別だからです

瀬田中も北中3もテストが終わりました。
残すは、瀬田北1~2年のみ。
いかに自身に厳しく対することができるか、そこが問題です。

エースは、勉強に対して厳しい塾です。決して生徒に厳しいのではありません。



最後まで読んでいただきありがとうございました。お知り合いにこんなブログがあるよ!って広めてくださると幸いです。県立高校受験のプロフェッショナル 大津市瀬田の塾でNo.1学校の点数が上がる総合進学塾 エース進学ゼミのHPです。 ジュクサガス(エース進学ゼミの口コミがあります)https://jyukusagasu.com/
めんどくさい・・・・・くさいですよね。
[寝るより楽はなかりけり]‥‥と誰かが言いました。

何かしようとすれば,「めんどうだ」という気持ちが起こる。
ふつうの人には普通のことでしょう。私もです。

しかし、ちょっとだけ「普通じゃない人」は
それを、「そうだけどねえ」と乗り越えるんですね。壁を超える・・・・・
この10月。
エースでは本当に多くの「勉強」の機会を作っています。
それに、ガツガツと食いついて離れない貪欲な人がいる反面、
知らん顔の方もあります。

勉強会には「質問を受けるチューター」を入れています。
率直に言って、人件費がかかります。
それでも、やるものだと思うのです。

むろん、生徒さんの参加は無料です。
そこで、いろいろな質問をして力をつけていく人もいれば、
全く利用しない人もいます。
独りで独勉したい人もいるでしょう・・・・・・しかし、これができるのは、ほんのわずかな人です。

受験生で、1日4~5時間も勉強しない、
土曜日曜に10時間しない人は、
私は受験生とは思いません。

むろん、4~5時間とか10時間は目安です。
しかし、1日1時間するとかしないとか、したりしないとか・・・・・・
これでは、学力は高まりません。気休めにもなりません。

自宅では勉強できない人がおおいのです。

エースはあなたに「勉強の機会」を作っています。
大いに活用しなさいね。
月初の「実力テスト」・中間テスト・・・・・進路指導の資料がたまっていきますね。

〇〇高校に行きたい・・・・で、いけるものではありません。
あなたが数百人の中から選ばれないといけないのです。

入試とはあなたを受からせるもの・・・・・ではなく、
不必要な人を振り落とすものなんです。

そこに人情とか、義理とかはありません。あなたの成績のみが支配する現実の世界です。

なんとなく「がんばっている」気がする、机に向かっている気がする・・・・・・・
実際の学力は向上していますか?

質問するのが恥ずかしい
気後れする・・・・・・・・・わからないでもないですよ。
でもねそんなことを言ううちに11月です。

12月・1月そして滋賀県内私立高校入試です。

3か月です。

エースでは懇談会を行って行きます。

むろん、厳しいことも言います。入試は「夢」ではなく「現実」ですから。
春に華を見られるようにしっかりと栄養をつけてほしいものです。
お子さまと話してみると、「努力の、どの段階」にまで達しているかよくわかります。

成績上位のお子様ほど「才能」に頼っていないことを感じます。
結果は努力によって決まると思っている。

世の中、努力ですべてが解決するものではありませんが、
反面、解決することも多いのです。

既に「瀬田中学」の皆さんは中間テストが返ってきているでしょう?
「よっしゃあ」・・・・というものでしたか?
それとも身のすくんでしまうようなものでしたか?

そのまま放置して置いたらいけませんね。
良ければよかったなりに
そうでなければそうでないなりに・・・・・

こうすればこのようないい結果が出るというよい「積み重ねをしてほしい」ものです。
yjimagexxxxx










従来申し上げているように、暴風警報が発令されている場合は、授業はございません。

また、テスト前とは言え「自習」も控えていただきます。

例え暴風警報が発令されていなくとも、その後も雨風が厳しい、危険が予測される場合は、

自宅待機してください。

作文講座は別日に振り替えます。
yjimage22












塾にとい合わせると、しつこく「勧誘」される・・・・・・

DMがどんどん送って来るし
講習の案内が来るし
電話がかかって来る

ハハハハハ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ・・・・・・・・・
エースにはそれだけの資本力(余力)がありませんから、
そういうことはしません。

だから、関心のある方は、ブログでもホームページの問い合わせ欄からでも、
お問い合わせください。
電話が一番手っ取り早いですけれどね。

あとは、「考えがあります」。
無理やり入っていただいても、「成績は上がらない」ということ・・・・・。
お子様が乗り気でないのに、お母さまがどんどん決めてしまうことってありますが、
エースではお断りしています。

エースに通って勉強するのは「お子様」です。
そのお子様の「納得」がえれていないのでは、
学習しようという意欲が、わきませんでしょう。

だから、基本1~2回のやり取りがほとんどです。
押し売りはしません。
最後まで読んでいただきありがとうございました。
お知り合いにこんなブログがあるよ!って広めてくださると幸いです。
県立高校受験のプロフェッショナル 大津市瀬田の塾でNo.1学校の点数が上がる総合進学塾 エース進学ゼミのHPです。
image10





未来に対して「ああでもない」
「こうでもない」
「こうなったらどうしようか?」・・・・・杞憂と言いますね。
このしばらく、ある面では「杞憂」を述べてきたとも言えますね(笑)
しかし、高度経済成長時代のように、
バブリーなころのように、
イケイケどんどんで、みんなが豊かになる
・・・・・・・とは、どうにも思えないのが我らの未来です。

どうもどんよりと暗いような気がする・・・・・・悲観しすぎでしょうか?
どちらにしてもあなたのお子様は、10年すれば大人ですし、
20年すれば、家庭を持つ
30年すれば、子どもが2人ほどいる・・・・・・・
事も考えられますよね。

その時に、「逞しく」生きてゆけるか!
何やっても生きていくぜ・・・・・・・・
そこが問題です。
京大・阪大出ようが、へたっているのではどうしようもないでしょう?
あらゆる工夫と創意で、「生き残っていくぜ!」・・・・・
こうあってほしいわけです。

話が変わるようですが、塾の種類にもいろいろあります。
①現状が今後も続くと考えて、お子様を指導している塾
②現状なんか続かないよ!、イレギュラーに対応できるたくましい人間に育てようと指導している塾
③とりあえず、現在の進学校に入学させることを最優先課題と考える塾
④今の学校のことが分かればいいんじゃないか?という塾
ETC
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いろんな種類があります。

エースは、②です。

あなたは、それを考えて「お子様」を通わせていらっしゃいますか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。
お知り合いにこんなブログがあるよ!って広めてくださると幸いです。
県立高校受験のプロフェッショナル 大津市瀬田の塾でNo.1学校の点数が上がる総合進学塾 エース進学ゼミのHPです。
録画した「そこまで言って委員会」を見ておりますと、
今後AIの発達で消える職業のナンバー1が
「安定した職業」と思われている「一般行政事務職」
いわゆる公務員だと言うのです。

この公務員安泰信仰?は根強く
現在の高1生が、中3の時に(まあ、昨年ですね)
「だから、俺は公務員になりたいんだ」と
進路を決めていました。
・・・・・・・・
TV番組の意見が正しいとは思いませんが、
今、安定しているというものが10年20年後、
同じように安定しているなどという
事は、まずないと思います。

いつも石炭産業を例に出して申し訳ないのですが、
ピカピカの産業だったんですよ。
それが燃料革命で、もうどうなるか?

ガソリン供給会社の事業の多様化も著しいですよね。
今後、ガソリンの需要が増えるか?は極めて怪しいところですから。

おとなが考える・・・・安定的な職業・・・・なんて本当に存在するんでしょうか?
どんでん返しみたいになりませんか?

今までは「高学歴」は「高収入」と考えてきましたが、
「高学歴プア」というのも出てきましたね。

社長は、中卒で、社員は有名大学卒なんていう
会社もどんどんできてくるでしょう。

変動する時代だからこそ「本当の力」が求められるんだろうと思います。
ペリーが来てから15年で明治維新。
明治維新から20年で議会政治。
あっという間に、頭から「チョンまげ」が消えてしまう。

同じような大変化が起こりつつあるんだろうなあと
恐ろしくなります。
そしてその時まだ生きているんですから。

お子様に「与えられた課題をこなす」ことだけを求めていていいんでしょうか?


勉強ができる・・・・・いいことです。

本人もうれしいし、誇らしいし、親御様もそうでしょう。

でも高校入試を詰めて、「どこを受験しますか?」という話になると
とたんに「鶏口牛後」の逆
・・・・・・先生、下の方に来るなら、受験高校を変えたい
・・・・という話が出ます。

とてもうちの子は、「集団の下の方では、下剋上できない」
ということなんですね。
私は正直に言いますが30年、塾をやってきて、
「人間ができている生徒は、最下位で入っても心配はしません」ね。
理屈でいえば、トップがいれば、最下位もいる…‥‥んですが
最下位やその周辺の苦しさは、体験したものにしかわかりません。


それは苦しいですよ。
部活と両立なんてできないかもしれない。
けれど、乗り越えることができないことではない
・・・・実例はいくつも見ています。

学校を辞めたい・・・・と親子で相談に来られた方が、
旧帝大に現役で進まれた例もあります。

反面、小学校・中学校をトップで過ごしたお子様が、
学校がこわくて「行きたくない」・・・登校できない場合もありますし、
ひどい場合は、命を絶つこともあります。
痛ましいことです。

学校の勉強ができる
・・・・これは「人間の能力の1つ」だと思うんです。
だから、「学校の勉強ができること=万能」ではない。
「学校の勉強のできる子はなんでもうまくやる」
・・・・・それは過信というものではないでしょうか。

「勉強を通じて『人間としてのたくましさ』を身につけた」なら、言うことはありません。
勉強が目的なのではない。

これは、私たちエースの職員も重々心しておかないといけないことだと思います。
学歴を高くするため・・・・・世の中一般にあふれている考え方ですよね。

私も一端を担う「進学塾」を経営しています。
進学校に1名でも多く合格してほしいと思います。

でも、全員が「膳所」に行くわけではないし、いけない。
行けなかったら人生失格・・・・・そんなはずがないのです。
勉強なんかできなくていい・・・・と言う人もいます。
私はそうは思いません。

勉強を「何のためにするか」
多様な考えがあるでしょう。

私は、「自分を育てるため」「人間力を高めるため」だとおもっています。
450点の人がえらくて400点の人はえらくない・・・・・全く思いません。
自分のベストを尽くして、プライドを持って「勉強にチャレンジする」
その結果が、何点でも「人間の肥やし」になっているはずです。
「勉強で子供を鍛える」ことはできるはずです。

親が点数だけで「良しあし」を決めていると、そういう価値観がお子様にも芽生えます。
人が褒めると自尊心がくすぐられ、人がけなすと劣等感が頭をもたげます。
これでは、ぐらぐらするばかりの人生です。

自分を評価をするのは「お子様自身」であってほしい。
そう思うんです。


yjimage122222











勉強会は、午後メニューに入りました。お弁当持ちもいいもんですね。
yjimageF7SP0R95











朝から勉強会・・・・・一番怪しいのは、私でした(笑)

生徒の皆さんは清々しく登場!

頭がクリーンなようでカリカリと勉強に励んでいます。
さて、今日は夜までの長丁場。

みんな、もちますかな?

ははははははは!
DSC00149









朝も早よから、テスト対策勉強会をしますよ。
瀬田中1~3年はもちろん、瀬田北中3もきて、ど~んと勉強してください。
04_neo












もうこの歳になりますと、入れ歯が痛んで・・・・・、
うそです。
虫歯です。
歯医者さんに行きます。
「今日は堅いものを噛んではいけませんよ!」
と幼児のように叱られながら
「は~い」と素直な返事。

だって、「ぎいいいいい~い~ん」ていうあいつ・・・・なんていう名前でしょうか?
が怖いんですもの。
おとなだから
おびえた表情は見せないようにしていますが、
ほんとは背中びっしょり。
硬直した足が筋肉痛になりそうです。

さて、
最近、保護者様から差し入れを頂きます。
ありがたいことです。
私が食べる・・・・・のではなく、生徒の自習時の「ちょっとブレイク」に上げることができるので「ありがたいのです」。
ありがとうございます。
yjimage11










「あの~、これ~、そんで・・・・・・」

家族同士の会話なら、何とか意味が分かるかもしれませんが
「他人様」との意思疎通ならこれは難しい。
幼稚園児や
小学生低学年ではありませんよ。
これは、中学生の言葉です。

エースでは、
こういう生徒の言葉に
「はいはいはい、わかりましたでちゅよ」という対応は、
教員に禁じています。
生徒と教員のくだけた会話の時は ほとんど気にしませんが、
生徒からの「報告の場合」は、言葉を改めさせています。

しかし、生徒は目ばかりぎょろぎょろさせて、言えないことが多い。
ほんの短文なんですよ。
主語、述語の揃った、敬語を含んだ言葉がつかえない。

「きもい」「ださい」「むかつく」・・・・・・語彙の不足を感じます。
語彙が少ないと、それの伴う「感受性も育たない」・・・・・無感動、感覚の目の粗い子に育つようにおもいます。

また、言葉は「人」です。
日ごろ使う言葉が「人を創り」ます。
「あほ、馬鹿、死ね」・・・・・こんな言葉に囲まれて、心にも満たしていたら荒んでしまう・・・・そう思います。

国語教育を通じて、また、日常の生活指導を通じて「言葉を正す」ことをしたいと思うのです。

人物とは言葉である。

日頃どういう言葉を口にしているか。
どういう言葉で人生をとらえ、世界を観ているか。

 その言葉の量と質が人物を

決定し、それにふさわしい運命を招来する。
運命を拓く言葉の重さを知らなければならない。




yjimagemmmm1











江戸時代中期に、日本で最も「寺子屋」が密集していた・・・・好学の志豊かだったのはどこでしょう?
「読み・書き・算盤」と言われますが、よほど貧窮していない限りこどもを「寺子屋」に行かせたと言います。
エースにも「仮名論語」がありますが、これを小学低学年に履修させるのはすごいことだし、向学心も高かったんだろうと思います。

どこだと思われますか?
ここ近江です。

最近では、聞かれなくなりましたが近江聖人と言われた「中江藤樹先生」「杉浦重剛先生」など地域の教育に尽くされた方がいらっしゃいました。
エースは、進学塾であり、お子様の成績(学力)に寄与するべく日々を精進していますが、本当に目指すところは
「人間作り」「人間力の向上」です。
何を小さな塾が言うのか?
その通りなんですが、育つ一人が世を変えるかもしれません。
世を背負う人になるやもしれません。

好学の地、滋賀・・・・で、学力も高い、人間力も高いそういうお子様を育てたいと思うのです。


↑このページのトップヘ